• 湯沢市章
  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

災害時における避難所での新型コロナウイルス感染症対応について

 災害時には避難所など密集した環境下での集団生活等により、新型コロナウイルスの感染が拡大するリスクが高まるおそれがあります。
 避難所を開設するような災害が発生した場合に備えて、日ごろから災害時の対応について準備しておきましょう。

災害時における避難所での新型コロナウイルス感染症対応

 

3密を避けるための避難先の検討

 「避難」とは「難」を「避」けることであり、自宅以外の場所での安全確保が可能なかたは、必ずしも避難所に行く必要はありません。 
 避難所の過密状態を避けるため、災害が発生した際に、本当に避難所に行く必要があるか湯沢市地区版防災マップを活用しながら「避難行動判定フロー」で確認してみましょう。
 

備蓄品の検討

 水や非常食等の備蓄品に加えて、感染症対策を念頭においた用品も事前に準備しておきましょう。
準備すべき感染症対策用品
マスク、アルコール消毒液、ウェットティッシュ、タオル、体温計 等
※市の備蓄物資には限りがあります。避難の際は可能な限り、必要なものをご自身で持参してください。また、コロナウイルス感染症の拡大防止のため、感染症対策用品も持参してください。
 

検温・体調管理の徹底

 避難所において、受付前に発熱や咳など健康状態の確認を行います。風邪の症状があるなど、体調不良の場合は必ず申告してください。
※一般の避難者と体調不良者を区分してそれぞれのブースに案内します。
 また、避難所では避難者へ毎日朝・夕に検温を実施していただくほか、定期的に健康状態の確認を行います。発熱や咳などの症状が出た場合は、すみやかに運営スタッフにお伝えください。
 

感染症予防の徹底

 避難所では、基本的な感染症対策を徹底しましょう。また、避難する前には体温の測定をし、マスクを着用して避難所に向かいましょう。
基本的な感染症対策
マスクの着用・こまめな手洗い・咳エチケット・避難者同士のスペースの確保・定期的な換気の実施・体調不良時の申告
 

関連資料

知っておくべき5つのポイント(内閣府・消防庁)(PDFファイル)
 

関連ページ

【内閣府】避難所における新型コロナウイルス感染症への更なる対応について
【厚生労働省】災害時における避難所での感染症対策