ホーム > 湯沢市の文化財 > 「湯沢凧展」の開催について

「湯沢凧展」の開催について


   湯沢凧は墨一色で描かれた「まなぐ凧」と勇壮剛健な「武者絵凧」、優美華麗な「歌舞伎絵」の図柄があり、骨組みと吊り糸が単純なつくりでありながら自由自在に操作できるのが特徴で、その原型は江戸時代に完成したと言われています。

 今回、第62回湯沢市凧あげ大会の開催に先立ち、湯沢凧展を開催します。

 湯沢に受け継がれてきた伝統文化をぜひご覧ください。

 ※2月9・10日(犬っこまつり)、3月16・17日(湯沢市凧あげ大会)の4日間限定で市指定有形民俗文化財「高倉案蔵作のまなぐ凧」を展示します。
 

日時 平成31年2月 9日 土曜日~3月31日 日曜日  午前8時30分~午後5時 
           
場所 雄勝郡会議事堂記念館(北荒町2-20)

入場料 無料 
 
展示内容 
    
                   

白石彦蔵の作品

 

倉田安太郎

紋屋白石彦蔵作の版木と凧下絵

 

明治44年凧屋倉田安太郎作「凧画帳」とその絵を再現した凧

展示の様子

 

展示の様子

明治期、戦後復興期から現在までの湯沢凧

 

・その他関連資料

お問い合わせ

  湯沢市教育委員会事務局 教育部
  生涯学習課 社会教育文化班   TEL 0183-73-2163 / FAX 0183-72-8515
  

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

生涯学習課 社会教育文化班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-73-2163