• 湯沢市章
  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

湯沢城址

 

湯沢城址の写真1
西方から全景をのぞむ 

湯沢城址の写真2
本丸跡 

 

よみがな

ゆざわじょうし

指定/種別

市指定/史跡

指定年月日

昭和42年5月30日

所在地

湯沢市字古館山

所有者

湯沢市 外

時代・年代

鎌倉時代後期~江戸時代初期

概要

 
 湯沢城は、中心市街地の東方「古館山(ふるだてやま)」と呼ばれる標高約200mの丘陵地帯に築かれた中世の山城であり、東西約400m、南北約600mの規模をもつ。城の西端に位置する見張台からは、正面に鳥海山(ちょうかいさん)、眼下には湯沢の西部はもとより横手盆地が一望できる。
 湯沢城は、鎌倉時代後期、小野寺(おのでら)氏によって稲庭城の支城として築かれ、稙道(たねみち)(1487?~1546)の代には一時小野寺氏の本拠となる。稙道の子輝道(てるみち)(1534~97)の代に横手城(朝倉城)に本拠を移したのちも湯沢城は雄勝の中枢として機能した。
 しかし、文禄(ぶんろく)四年(1595)、最上勢の攻撃を受け落城し、文禄五年(1596)から最上の武将楯岡満茂(たておかみつしげ)が城主となる。関ヶ原の戦いから2年後の慶長(けいちょう)七年(1602)、佐竹義宣(さたけよしのぶ)の秋田転封にともない、佐竹南家(みなみけ)三代義種(よしたね)が城代として入り城を整備した。
 元和(げんな)六年(1620)、一国一城令(いっこくいちじょうれい)によって湯沢城は破却されたが、本丸、二の丸、五社壇(ごしゃだん)、馬場、見張台などの跡が今もその地形を残している。