ホーム > 暮らしのガイド > 母子・育児 > 子育て支援事業 > 湯沢市結婚・子育て資金利子補給事業

湯沢市結婚・子育て資金利子補給事業

湯沢市結婚・子育て資金利子補給事業 協定締結式が行われました!

  • 平成29年7月20日木曜日湯沢市役所で、株式会社北都銀行、株式会社秋田銀行、こまち農業協同組合、羽後信用金庫と湯沢市との間で、結婚・子育て支援ローンに関する協定締結式行われました。



    0720  



 

 結婚を希望する方や子育て世帯の経済的負担を軽減するために、湯沢市と市内金融機関が提携し、結婚・子育て資金借入の償還に係る経費(利子)の一部を助成します!
 

利子補給の内容

  • 利子補給率      2%以内
  • 利子補給期間  借入日から起算して84ヶ月(7年)以内
  • 融資限度額     200万円
     

 ※毎年12月末現在の借入残高に2%を乗じた金額を、利子補給補助金として、翌年3月頃までに払い込みます。
 ※借入額返済期間中の再借入はできません。
 ※借入金の返済が終了する前に市外に転出又は離婚した場合は、転出日・離婚日で支援は終了します。


 

利子補給制度を利用できる方

≪共通事項≫

  • 湯沢市と連携した金融機関から融資を受けることができる方
  • 現に湯沢市に住所を有する方
  • 本人及び同居の世帯員が、市税・保育料等を滞納していない方
     

≪結婚ローンの場合≫

 借入日から6ヶ月以内に結婚予定の方、または結婚した方。


≪子育てローンの場合≫

  • 妊娠している方、若しくはその配偶者の方
  • 同居している高校を卒業する年までの子どもの扶養義務者の方 
     

利子補給の対象となる使途

  • 結婚される方 ~ 指輪購入、披露宴、新婚旅行、新居引っ越し費用等、結婚に関する費用
  • 妊婦若しくはその配偶者の方 ~ 出産の準備の費用
  • 高校を卒業する年までのお子さんがいる方 ~ お子さんの年齢に応じた子育てに関する費用
    (保育園・小中高校等の入学準備費用、塾やスポ小・予備校等に要する費用、大学等進学の受験費用、引っ越し先の生活開始費用 等) 

 ※大学等の入学金・授業料等、マイカー購入資金、子ども部屋改装資金、市外への引越し費用は除きます。
 ※詳しくは各金融機関にお尋ねください。

 

融資の要件


年利、保証人の有無等の融資要件は、湯沢市と提携している各金融機関の条件によりますので、各金融機関にお尋ねください。

 

提携金融機関

北都銀行 (湯沢支店、湯沢北支店、稲川支店、横堀支店)
秋田銀行 (湯沢支店、稲川支店)
こまち農業協同組合 (本店、中央総合支店、東部総合支店、南部総合支店)
羽後信用金庫 (本店及び全支店)
 

 

利子補給制度利用の流れ

  1. 支援ローン借入希望者は、市に「結婚・子育て資金利子補給認定申請書(様式第1号)」を提出します。
  2. 市は審査の上、利用可能と認められる場合は、「結婚・子育て資金利子補給承認(不承認)通知書」を交付します。
  3. 支援ローン借入希望者は、承認通知書を添付し、市提携金融機関へ支援ローンの融資を申し込みます。
  4. 市提携金融機関で審査の上、融資の可否を決定し、融資が開始されます。(市の承認を受けても、金融機関の審査により融資が受けられない場合があります。)
     
  5. 借入者は、支援ローン借入後30日以内に、市に「結婚・子育て資金利子補給金給付申請書(様式第3号)」に、金融機関から給付される返済予定表の写しを添えて提出します。  
  6. 市は審査の上、「結婚・子育て資金利子補給金給付決定通知書」を交付します。
  7. 市は、提携金融機関に、毎年12月末の融資残高を確認します。
  8. 借入者は、 毎年1月末までに「結婚・子育て資金利子補給金実績報告書兼請求書(様式第5号)」を市に提出します。
  9. 市は年度末までに、借入者の指定口座に支払いします。


     

お問い合わせ先

 湯沢市福祉保健部子育て支援課子ども未来班

 〒012-8501 湯沢市佐竹町1番1号

 電話:0183-55-8275(直通)