ホーム > 産業・ビジネス・まちづくり > 男女共同参画 > 若者や女性が輝くまちづくり > 若者または独身男女の出会い・交流にぎわい創出事業に助成します!!(選考結果)

若者または独身男女の出会い・交流にぎわい創出事業に助成します!!(選考結果)

にぎわいイベント「創出型」助成 公開プレゼンテーション審査会選考結果

 平成30年5月24日実施の湯沢市若者等にぎわい創出イベント開催助成に係る公開プレゼンテーション審査会において、下記団体の事業を採択しましたのでお知らせします。
 

No.

参加団体

事業名

評価点
(150点満点中)

講評

1

NPO法人こまちハート・オブ・ゴールド

ゆざわ未来づくり学校祭

113点

審査講評

2

湯沢ストリート村実行委員会

第6回湯沢ストリート村 スポーツフェスタ

109点

 

プレゼン風景  プレゼン風景
                             (公開プレゼンテーション風景)

 

  ※にぎわいイベント開催型助成(助成限度額5万円)については、引き続き募集していますので、ふるってご応募ください。 (5月末日現在、1団体交付決定済、9団体募集中!!)

 

若者または独身男女の出会い・交流にぎわい創出事業に助成します!!

 市では、「湯沢市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を推進するための取り組みのひとつとして、本市の若者の交流やにぎわいを創出するイベント、独身男女の出会い・結婚支援に取り組むイベント等に要する経費について助成します。   

事業の目的  

 本市の若者の交流、若者のにぎわい又は独身男女の出会いの場を創出するために、市内の民間団体又は事業所等が自ら企画し、運営するイベント等に要する経費の一部を助成することにより、若者等の交流の推進を図ることを目的とする。  

助成対象事業

  1. 若者の交流又はにぎわいの創出を目的とする事業
  2. 独身男女の出会い・結婚支援を目的とする事業
  3. 前2号に揚げるもののほか、目的の効果が期待できる事業  

 対象外事業  

  1. 営利を主たる目的としていると認められる場合
  2. 政治的又は宗教的な宣伝を目的として行うと認められる場合
  3. 湯沢市暴力団排除条例第2条に規定する暴力団、暴力団員もしくはこれらと密接な関係を有する者が実施する場合
  4. 公の秩序又は善良の風俗に反する場合
  5. 実施年度の2月末日までに事業が完了しない場合  

 助成対象者  

  市内に主な活動の拠点がある民間団体又は事業所等であって、事業を確実に遂行できると認められる者(実施者側の年齢及び性別、既婚、未婚は問いません)  

助成金の額  

  助成対象経費の10分の10以内を基準とし、各1団体につき次の各号に揚げる区分に応じ助成します。

  1. にぎわいイベント開催型助成 5万円    助成件数 10件
  2. にぎわいイベント創出型助成 50万円      助成件数 2件  

助成対象経費  

 別紙「湯沢市若者等にぎわい創出イベント開催助成金交付要綱」別表(第5条関係)をご確認ください。  

助成金の返還  

  助成金の交付を受けた交付決定者が、虚偽その他不正な手段で助成金の交付を受けたと認められる場合は、助成金の全部又は一部を返還していただく場合があります。    

募集要領等  

1.にぎわいイベント「開催型」助成 5万円  

必要書類は、関連ファイルからダウンロードしてください。

書類提出先:下記「書類提出及び問い合わせ先」を確認ください。  

 

審査方法:書類審査

1

交付申請書提出期限

随時受付(土日祝日等の閉庁日を除く)

交付申請書(様式第1号)事業計画書(参考様式)補助金等交付申請額算出調書(別紙1)及び事業予算書(別紙2)を添えて申請ください。

2

交付可否決定

交付申請書受理後、すみやかに書類審査により可否を決定し申請者に書面で通知します。

3

概算払請求書提出

交付決定通知書受理後、概算払請求書(様式第4号)を提出してください。
※概算払いを希望する方のみ提出してください。

4

事業内容の変更

事業内容に変更があった場合は、あらかじめ変更申請書(様式第3号)を提出し承諾を得てください。

5

実績報告書提出期限

事業完了後14日以内に、実績報告書(様式第5号)に、補助金等精算額算出調書(別紙3)事業精算書(別紙4)、収支に係る領収書、チラシ、開催状況がわかる写真等を添えて提出してください。

6

助成金額の確定

実績報告書受理後、書類審査を経て、助成金額を確定し交付決定者に書面で通知します。

7

助成金の請求

助成金確定通知書受理後、完了払請求書(様式第7号)を提出してください

8

助成金の支払い

完了払請求書受理後、指定の口座に振り込みます。

 

審査基準

1.審査基準

別紙「湯沢市若者等にぎわい創出イベント開催助成金交付要綱」による。

2.審査結果

審査結果は審査終了後、速やかに申請者に書面で通知します。

3. 却下理由の説明

却下通知書に、却下理由を記載して通知します。  

  2.にぎわいイベント「創出型」助成 50万円

審査方法:公開プレゼンテーション審査

1

公募開始

平成30年4月6日 金曜日

2

質問提出期限

平成30年4月25日 水曜日 午後5時必着

3

質問回答期限

平成30年4月27日 金曜日

4

参加申込書提出期限

平成30年5月9日 水曜日 午後5時必着

5

参加資格審査結果通知

平成30年5月11日 金曜日

6

企画提案書提出期限

平成30年5月16日 水曜日 午後5時必着

7

プレゼンテーション実施日

平成30年5月24日 木曜日

8

審査結果通知

平成30年6月上旬

9

採択後の手続き

湯沢市若者等にぎわい創出イベント開催助成金交付要綱による

 

質問の受付及び回答
  1. 提出期限
    平成30年4月25日 水曜日
  2. 質問書の提出方法
    任意様式に記入の上、FAX(73-2117)または電子メール(kyodo@city.yuzawa.lg.jp)により提出すること。電話等による質問の受付は行わない。  
  3. 質問に対する回答
    質問者にはFAXまたは電子メールで回答するほか、市ホームページに順次、質問・回答内容を掲載する。
  4. 回答期限
    平成30年4月27日 金曜日   
参加申込書の提出

  「湯沢市若者等にぎわい創出イベント開催助成プレゼンテーション実施要領(以下「プレゼンテーション実施要領」という。)」に記載の必要書類を、下記期日まで提出すること。必要書類は、関連ファイルからダウンロードください。

  1. 提出部数
    1部
  2. 提出期限
    平成30年5月9日 水曜日 午後5時必着
  3. 提出方法
    持参又は郵送によること。
  4. 提出先
    〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
    湯沢市協働事業推進課 協働のまちづくり班  
  5. 参加資格審査結果は、平成30年5月11日 金曜日に電子メール及び書面で通知する。    
企画提案書等の提出

  「プレゼンテーション実施要領」に記載の必要書類を、下記期日まで提出すること。

 必要書類は、関連ファイルからダウンロードください。   

  1. 提出部数
    原本1部、写し6部
  2. 提出期限
    平成30年5月16日 水曜日 午後5時必着
  3. 提出方法
    持参又は郵送によること。
  4. 提出先
    〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
    湯沢市協働事業推進課 協働のまちづくり班  
審査に関する事項  
  1. 公開プレゼンテーション審査会
    別紙「プレゼンテーション実施要領」による。
  2. 審査基準
    別紙「湯沢市若者等にぎわい創出イベント開催助成プレゼンテーション審査要領」による。
  3. 審査結果
    審査の結果は、全ての参加者に対して書面により通知する。
  4. 非選定理由の説明
    選定されなかった者は、通知をした日から起算して5日(祝祭日含める)以内に、非選定理由について書面(任意様式)で説明を求めることができる。回答は書面により行う。  
失格要件
  1. 応募資格を満たさない者又は選定するまでの間に資格要件を満たさなくなった者による提案
  2. 応募書類に虚偽の記載をした場合
  3. 本実施要領等における諸条件に違反した場合  

書類提出及び問い合わせ先  

〒012-8501 湯沢市佐竹町1番1号

湯沢市協働事業推進課 協働のまちづくり班 担当:八柳

電話番号:0183-55-8249 fax:0183-73-2117

E-mail: kyodo@city.yuzawa.lg.jp

 

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

協働事業推進課 協働のまちづくり班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8249

FAX:0183-73-2117