高齢者福祉

高齢者福祉について

 現在、わが国は国民の5人に1人が高齢者(65歳以上)という高齢社会を迎えており、今後も早いスピードで高齢者人口が増加していくこととなります。一方で、少子化の進行はもとより、地域社会の機能や世帯構造が大きく変化する中にあって、高齢者福祉のあり方があらためて課題となっています。  高齢者福祉は、高齢者が長年にわたって社会の進展に寄与してきた方々であるとともに、豊富な知識と経験を有していることから敬愛され、生きがいをもって健康で安心した生活を送ることができるよう、社会全体で支えていくことを目的としています。