ホーム > 暮らしのガイド > 高齢者福祉 > 介護保険の制度 > 介護保険料について
ホーム > ライフイベント > 高齢・介護 > 介護保険料について

介護保険料について

第1号保険者 65歳以上の方の保険料

保険料は所得によって分かれます
  • 65歳以上の方の保険料は、市町村の介護サービス費用がまかなえるよう算出された、「基準額」をもとに決まります。
  • 湯沢市の平成30年度~32年度の「基準額」は下記のとおり決まりました。

    湯沢市の基準額 5,700円(月額)

  • 「基準額」は所得段階の「第5段階」の額にあたります。
  • その「基準額」をもとに、所得によって1~9段階の保険料に分かれます。

所得段階

対象者

保険料率

年間保険料

第1段階

・生活保護の受給者
・世帯全員が市民税非課税で、老齢福祉年金(※1)を受けている人
・世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額(※2)と課税年金収入額の合計額が80万円以下の人

基準額×0.45

30,780円

第2段階

世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額(※2)と課税年金収入額の合計額が80万円超120万円以下の人

基準額×0.65

44,460円

第3段階

世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額(※2)と課税年金収入額の合計額が120万円超の人

基準額×0.75

51,300円

第4段階

本人は市民税非課税だが、世帯員で市民税が課税されている人がおり、前年の合計所得金額(※2)と課税年金収入額の合計額が80万円以下の人

基準額×0.90

61,560円

第5段階

本人は市民税非課税だが、世帯員で市民税が課税されている人がおり、第4段階以外の人

基準額×1.00

68,400円

第6段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額(※2)が125万円未満の人

基準額×1.10

75,240円

第7段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額(※2)が125万円以上200万円未満の人

基準額×1.35

92,340円

第8段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額(※2)が200万円以上400万円未満の人

基準額×1.65

112,860円

第9段階

本人が市民税課税で、前年の合計所得金額(※2)が400万円以上の人

基準額×1.90

129,960円

 

※1 老齢福祉年金

明治44年4月1日以前に生まれた人などで、一定の所得がない人や、他の年金を受給できない人に支給される年金です。

※2 合計所得金額

収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。

 

納め方は特別徴収と普通徴収の2通りに分かれます。


特別徴収

 ▼

年金が年額18万円以上の方は年金から天引きになります

  •  保険料の年額が、年金の支払い月に年6回に分けて天引きされます。 

天引きの対象となる年金が拡大されました

●老齢(退職)年金 ●遺族年金 ●障がい年金

※老齢福祉年金については天引きの対象とはなりません

 

 


普通徴収

 ▼

年金が年額18万円未満の方は納付書で個別に納めます

※老齢(退職)年金、遺族年金、障がい年金を受給していない方、または老齢福祉年金を受給している方も含みます。 


●市町村から送付される納付書にもとづいて、取扱い金融機関で収めます。
 

 

 

本来、年金から天引きになる「特別徴収」の方でも、次のような場合一時的に納付書で納める場合があります。

  • 保険料が増額になった

増額分を納付書で納めます

  • 年度途中で65歳になった
  • 年度途中で老齢(退職)年金・遺族年金・障がい年金の受給が始まった
  • 年度途中で他の市町村から転入した
  • 保険料が減額になった
  • 年金が一時差し止めになった

社会保険庁から特別徴収の対象者として把握される月(4月・6月・8月・10月・12月・2月)のおおむね6ヵ月後から天引きになります。
それまでは、納付書で納めます。 

 

 第2号保険者 40~64歳の方の保険料

加入している医療保険によって決め方、納め方が違います

 

決まり方

納め方

国民健康保険の方

所得や世帯にいる40~64歳の介護保険対象者の人数によって決まります。

医療保険分と介護保険分を合わせて、国保の保険税として世帯主が納めます。

職場の健康保険の方

健康保険組合、共済組合など、加入している医療保険の算定方式にもとづいて決まります。

医療保険分と介護保険分を合わせて、健康保険料として給与から差し引かれます。

 保険料を滞納すると?

 災害など、特別な事情がないのに、保険料の滞納が続く場合、未納期間に応じて給付が一時差し止めになったり、利用者負担が1割から3割になったりする措置がとられます。

保険料は必ず、お納めください。

 

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

長寿福祉課 介護保険班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8309