ホーム > 暮らしのガイド > 障がい者福祉 > 障害者差別解消法について
ホーム > ライフイベント > 障害・福祉 > 障害者差別解消法について

障害者差別解消法について

 
 この法律では、障がいのある人への差別(「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮をしないこと」)をなくすことで、障がいのある人もない人も共に生きる社会をつくることを目指しています。

 ~不当な差別的取扱いとは~
 障がいがあるというだけで正当な理由なく、サービスの提供を拒否したり、制限したり、条件を付けたりするような行為のことです。

 例) ・障がいがあるという理由だけで、アパートを借りることができない
    ・車いすという理由でお店に入ることができない

 ~合理的配慮とは~
 
 障がいのある方が生活の中で受ける様々な制限をもたらす社会的障壁を取り除くために、個別の状況に応じて行われる配慮のことです。

 例) ・車いすの方が乗り物に乗るときに手助けをすること
    ・障がいの特性に応じたコミュニケーション手段(筆談、読み上げ)で対応すること


 ※この法律が一人ひとりのすることや考えを罰することはありませんが、障がいのある人へ理解を深められるようよう国や県、市町村は取り組みをしなければなりません。

 

 

 

より充実した社会活動のため下記制度をご利用ください


【 意思疎通支援事業 】

 

湯沢市在住で、身体障害者手帳をお持ちの聴覚障害又は音声機能若しくは言語機能の障がいのある方に手話通訳士を派遣します。

申請は個人、又は事業に必要な場合は主催団体が対象となります。

申請書用紙は関連ファイルからダウンロードしてください。

 

 

【 移動支援事業 】

 

湯沢市在住で、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者福祉保健手帳のいずれかの手帳をお持ちの、屋外での移動に困難がある障がいのかたについて、社会生活上不可欠な外出及び余暇活動の社会参加のための支援を行います。

申請は個人が対象となります。

申請書用紙は関連ファイルからダウンロードしてください。

 

 

※詳細、申請書の提出については右記担当課へお問い合わせください。

障害者差別解消法の詳細については関連ファイルをご覧ください。

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

福祉課 障がい福祉班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8075