ホーム > 暮らしのガイド > 障がい者福祉 > 障がい者の方へ > マイナンバー制度による情報連携について(身障手帳・精神手帳)
ホーム > ライフイベント > 障害・福祉 > マイナンバー制度による情報連携について(身障手帳・精神手帳)

マイナンバー制度による情報連携について(身障手帳・精神手帳)

お持ちの障害者手帳をご確認ください。

 身体障害者手帳と精神障害者者保健福祉手帳については、平成30年7月からマイナンバーを使った情報連携が始まります。「情報連携」とは、市役所等の窓口で申請などをする際、マイナンバーを使うと、市役所等が関係機関に問合せをするだけで、皆さまの手帳情報を得ることを言い、情報連携が可能になると、各種手続きにおいて障害者手帳のコピーなどの提出が不要となる場合があります。
 手帳に書かれた情報(住所、氏名など)が、現在のものと異なっている場合、 マイナンバーを使った情報連携が行なえない可能性があるため、変更の届出が必要となります。
 お心当たりのある方は、下記担当へお問い合わせください。
※平成30年7月までは、これまでどおり障害者手帳のコピーなどの添付が必要です。
※住所地特例などによって施設へ入所している方は、この限りではありません。

お問合せ先

湯沢市福祉事務所 福祉課障がい福祉班
  電話0183-55-8075(内線153・213)

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

福祉課 障がい福祉班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8075