ホーム > 暮らしのガイド > 障がい者福祉 > 障がい者の方へ > 障害者手帳
ホーム > ライフイベント > 障害・福祉 > 障害者手帳

障害者手帳

= 障がい者の方が、各種の援護を受けるために必要な手帳です =

平成27年4月1日より、手帳様式が赤に統一されております。

 身体障害者手帳

  手帳の対象となる障がいは、視覚、聴覚、平衡機能、音声言語機能、そしゃく機能、肢体不自由、内部(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、免疫)機能の障がいで、障がいの程度により1級から6級に区分されます。

 なお、障がいの診断は、指定の医療機関で行います。

  申請には下記の書類が必要です。
 
 ・申請書(関連ファイル内の身体障がい者手帳用の申請書をダウンロードしてご活用ください)
   
 ・診断書(関連ファイル内から該当部位の診断書をダウンロードしてご活用ください)
 
 ・顔写真(縦4センチメートル×横3センチメートル)

 ・印鑑(シャチハタ不可)
 
 ・個人番号が確認できる書類(マイナンバーカード、通知カードなど)

 ・身体障害者手帳(再交付申請の場合のみ)

 ※住所・氏名を変更したとき、手帳を紛失・破損したとき、障がいの程度が変わったとき、及び死亡したときは必ず届け出てください。

 ◆窓口 湯沢市福祉事務所福祉課障がい福祉班・各総合支所市民サービス班

 療育手帳

  児童相談所又は福祉相談センターが知的障害者(児)と判定した場合、申請に基づいて交付されます。 判定によりA(最重度、重度)とB(中度、軽度)に区分されます。

 申請には下記の書類が必要となります。

 ・顔写真(縦4センチメートル×横3センチメートル)
 
 ・申請書(関連ファイル内の療育手帳用の申請書をダウンロードしてご活用ください)

 ・日常生活等の状況について(関連ファイル内の様式をダウンロードしてご活用ください)

 ・相談・判定調査資料(申請の際に聞き取りを行い、こちらで作成いたします)

 ・同意書(関連ファイル内の同意書をダウンロードしてご活用ください)

 ・母子手帳や学校の成績表の写し 

 ※一定期間後に再判定が必要な場合があります。

 ※住所・氏名を変更したとき、手帳を紛失・破損したとき、障がいの程度が変わったとき、及び死亡したときは必   ず届け出てください。

◆窓口 湯沢市福祉事務所福祉課障がい福祉班・各総合支所市民サービス班

 精神障害者保健福祉手帳

  精神疾患のために日常生活や社会生活にハンディキャップをもつ方に、申請に基づいて交付されます。ただし、知的障がいは含まれません。

 等級は、障がいの程度により1級から3級に区分されます。

 申請には下記の書類が必要です。

 ・診断書または年金証書の写し

 ・顔写真(縦4センチメートル×横3センチメートル)

 ・印鑑(シャチハタ不可)

 ・個人番号が確認できる書類(マイナンバーカード、通知カードなど)

 ・精神障害者保健福祉手帳(更新の場合のみ)

 ※2年毎に障害程度の認定が必要です。

 ※住所・氏名を変更したとき、手帳を紛失・破損したとき、障がいの程度が変わったとき、及び死亡したときは必ず届け出てください。

 ※精神障害者保健福祉手帳については、更新の通知は送付いたしませんので予めご了承ください。

◆窓口 湯沢市福祉事務所福祉課障がい福祉班・各総合支所市民サービス班

お問合せ先

 湯沢市福祉事務所 福祉課障がい福祉班

  電話 0183-55-8075(内線153、213)

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

福祉課 障がい福祉班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8075