ホーム > 暮らしのガイド > 障がい者福祉 > 障がい者の方へ > 医療・保健
ホーム > ライフイベント > 障害・福祉 > 医療・保健

医療・保健

福祉医療費の助成

 医療保険、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の規定による自己負担分について全額助成します。

(1)重度心身障害者医療費の助成

○対象

  1. 身体障害者手帳1級から3級の方
  2. 療育手帳Aの方

  ※社会保険の本人の場合、所得制限があります。

(2)高齢者身体障害者医療費の助成

○対象

  65歳以上の身体障害者手帳4級から6級の方

  ※本人または扶養義務者の所得制限があります。

◆窓口

 湯沢市市民生活部市民課 国保年金班・各総合支所市民サービス班

 特定疾患(難病)の医療費助成

 特定疾患にかかる医療費の自己負担分について一部を助成します。

◆対象

 スモン、ベーチェット病、重症筋無力症などの難病

◆窓口

 雄勝地域振興局 福祉環境部

 小児慢性特定疾患の医療費助成

  医療保険の自己負担分について一部を助成します。

 ◆対象

 ぜんそく、悪性新生物、慢性腎疾患、慢性心疾患、糖尿病、先天性代謝異常、血友病等血液疾患などの疾患にり患している18歳未満の児童(一部20歳未満)

◆窓口

 雄勝地域振興局 福祉環境部

 自立支援医療

(1)更生医療の給付

 身体障害者の方の障がいを取り除いたり軽くすることにより、職業能力を高めたり日常生活を容易にすることを目的とした医療制度です。

 自己負担については原則1割負担ですが、世帯の所得等に応じて月当たりの負担上限額が定められています。

◆対象

 18歳以上の身体障害者手帳所持者

◆対象医療

 人工透析・生体腎移植術・腎移植術後の免疫療法・

 人工関節置換術・ペースメーカー移植術等

◆窓口

 湯沢市福祉事務所福祉課障がい福祉班・各総合支所市民サービス班

(2)育成医療の給付

 障がいのある児童に対し、治療によって障がいを取り除いたり軽くしたりする医療制度です。

 自己負担については原則1割負担ですが、世帯の所得等に応じて月当たりの負担上限額が定められています。

◆対象

 18歳未満の身体に障がいのある児童

◆窓口

 湯沢市福祉事務所福祉課障がい福祉班・各総合支所市民サービス班

(3)通院医療費の助成

 病院または診療所へ入院しないで精神疾患の医療を受ける場合の医療制度です。

 自己負担については原則1割負担ですが、世帯の所得等に応じて月当たりの負担上限額が定められています。

◆対象

 精神に障がいをお持ちの方

◆窓口

 湯沢市福祉事務所福祉課障がい福祉班・各総合支所市民サービス班

お問合せ先

 湯沢市福祉事務所 福祉課障がい福祉班

  電話 0183-55-8075(直通)

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

福祉課 障がい福祉班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8075