ホーム > 暮らしのガイド > 障がい者福祉 > 障がい者の方へ > 教育
ホーム > ライフイベント > 障害・福祉 > 教育

教育

障がいのある子どもたちへの教育相談及び教育機関には、次のような機関や学校があります。

 相談機関

1.湯沢市教育委員会 学校教育課 指導班

  • 障がいのある子どもたちへの就学全般に関する相談窓口です。
  • 随時受付で、電話相談もできます。
     湯沢市佐竹町1番1号
     電話73-2162

2.秋田県総合教育センター

  • 特別支援教育全般にわたる相談窓口です。

   潟上市天王字追分西29-76    電話018-873-7206

   秋田県総合教育センターのホームページ                     

   特別支援教育担当           電話018-873-7215

   すこやか電話相談(専用電話)    電話0120-377804(フリーダイヤル)

3.特別支援教育地域センター

  • 特別支援教育全般にわたる相談窓口です。
  • 週3日程度、特別支援教育アドバイザーが相談に応じます。

   湯沢市字万石26番地 湯沢市立湯沢西小学校 電話72-5150

4.就学や教育に関する相談会

  • 年2回、福祉、学校の関係者が相談に応じます。
  • 電話相談ではなく、指定の場所での相談となります。

   湯沢市教育委員会 学校教育課  電話73-2162

 

 障がいのある子どもたちへの教育(学校・学級の紹介)

 1.知的な発達面で支援の必要な子どもへの教育

  1. 主に知的障害の子ども
     ≪秋田県立稲川支援学校≫ 
     小学部、中学部、高等部
      湯沢市駒形町字八面寺下谷地33番地 2  電話42-4424
      稲川支援学校のホームページ
  2. 知的な発達の遅れがあっても、社会的適応の面で課題の少ない子ども
     ≪各小・中学校≫ 
      知的障害特別支援学級か、通常の学級で教育を受けることができます。

    詳細については関連ファイルの「発達障がいのチラシ」をダウンロードしてご確認ください。

 2.目の不自由な子どもへの教育

  1.  視覚障害の子ども
     ≪秋田県立盲学校≫ 
      幼稚部、小中学部、高等部
      秋田市上北手百崎字諏訪ノ沢3-127   電話018-889-8571
      県立盲学校のホームページ 
  2. 拡大鏡等の使用により文字等が認識できる子ども
     ≪各小・中学校≫ 
     弱視特別支援学級か、通常の学級で教育を受けることができます。
     また、月1回程度、視覚に障がいのある幼児・児童・生徒及び成人の方への指導や、保護者や学級担任等の相談に応じる「サテライト教室」を行なっています。

3.耳の不自由な子どもへの教育

  1. 聴覚障害の子ども
     ≪秋田県立聾学校≫ 
      乳幼児教室、幼稚部、小学部、中学部、高等部/専攻科
      秋田市上北手百崎字諏訪ノ沢3-127   電話018-889-8572
      県立聾学校のホームページ
  2. 補聴器等を使えば日常の会話に差し支えない子ども
     ≪各小・中学校≫ 
      難聴特別支援学級(きこえの教室)か、通常の学級で教育を受けることができます。
      また、月1回程度、聴覚に障がいのある幼児・児童・生徒及び成人の方への指導や、保護者や学級担任等の相談に応じる「サテライト教室」を行なっています。

 4.手足の不自由な子どもへの教育

  1. 肢体不自由の子ども
    ≪秋田県立秋田きらり支援学校≫ 
      小学部、中学部、高等部、訪問指導
      秋田市上北手百崎字諏訪ノ沢3-127   電話018-889-8573
      秋田きらり支援学校のホームページ 
     ※ 県立秋田養護学校と県立勝平養護学校が統合してできた学校です。
  2. 日常生活の基本的な動作がある程度できる子ども
     ≪各小・中学校≫ 
      肢体不自由特別支援学級か、通常の学級で教育を受けることができます。

5.病弱・体の弱い子どもへの教育

  1. 病弱・身体虚弱特殊学級
     ≪秋田県立秋田支援学校・道川分教室≫ 
      小学部、中学部、高等部
      由利本荘市岩城内道川字井戸ノ沢84-40 電話0184-62-6136
     ※ 独立行政法人国立病院機構あきた病院内に設置されています。
      秋田支援学校・道川分教室のホームページ 
  2. 病気の状態が軽く、入院の必要がない子ども
     ≪各小・中学校≫ 
      病弱・身体虚弱特別支援学級か、通常の学級で教育を受けることができます。

6.常時介護や医療を必要とするため学校へ通えない子どもへの教育

 ≪訪問教育≫ 
  家庭や病院に教師を派遣し、子どもの障がいの状態に合わせて、もっている力を引き出す教育をします。

7.情意面や行動面で支援の必要な子どもへの教育  

 ≪各小・中学校≫ 
  情緒が不安定な子どもや、人とのコミュニケーションや行動面で課題のある子どもは、情緒障がい特別支援学級か、通常の学級で教育を受けることができます。

  詳細については関連ファイルの「発達障がいのチラシ」をダウンロードしてご確認ください。

8.ことばに課題がある子ども

  LD(学習障害)・ADHD(注意欠陥・多動性障がい)の子どもへの教育  
 ≪通級指導教室:湯沢市立湯沢西小学校≫ 
  発音が不明瞭であったり、話し言葉のリズムがスムーズでなかったりする子どもや、LD・ADHDと思われる子どもは、通常の学級で教育を受けながら、通級指導教室に通って教育を受けることができます。

  就学指導

  特別支援教育を必要とする児童生徒を対象に適切な就学指導を行うため、市町村教育委員会に「就学指導委員会」が置かれています。特別支援教育を必要とする子どもの保護者の方は、湯沢市教育委員会と相談しながら学校・学級を決めていくことになります。

 就学奨励費

 盲学校、聾学校、養護学校並びに小・中学校の特別支援学級に就学する幼児、児童または生徒を対象に、保護者の方の経済的負担を軽減するため、学用品購入費、給食費、通学費、寄宿舎経費、修学旅行費などの一部が助成されます。

窓口

 在学する各学校、湯沢市教育委員会

お問合せ先

 湯沢市福祉事務所 福祉課障がい福祉班

  電話 0183-55-8075(内線153、213)

 

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

福祉課 障がい福祉班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8075