ホーム > 暮らしのガイド > 障がい者福祉 > 障がい者自立支援法について > 福祉サービスの体系
ホーム > ライフイベント > 障害・福祉 > 福祉サービスの体系

福祉サービスの体系

障害福祉サービスの体系

 障がいの種別(身体障害、知的障害、精神障害)にかかわらず、障がいのある方が必要なサービスを受けることができる制度です。

 サービスを利用しようとする場合は、サービスの利用申請をしていただきます。障がいのある方の福祉サービスの必要性を総合的に判断するため、申請時に心身の状況(障害支援区分)、住居等の状況。サービスの利用意向などを把握する調査を行い、支給決定をします。

1.訪問系サービス

 ◆居宅介護
  居宅において入浴、排せつ及び食事の介護などを行います。
 ◆重度訪問介護
  行動障害を有する重度の知的障害者又は精神障害者に居宅において入浴、食事の介護、外出時の移  動支援など総合的に行います。
 ◆同行援護
  視覚障害により移動に著しい困難を有する人に、移動や外出する際の必要な援助を行います。
 ◆行動援護
  自己判断能力が制限されている人が外出するときに、危険を回避するために必要な支援等を行います。
 ◆短期入所
  自宅で介護する人が病気の場合などに短期間、夜間も含め施設で入浴、排せつ、食事の介護等を行います。
 ◆重度障害者等包括支援
  介護の必要性がとても高い人に、居宅介護等複数のサービスを包括的に行います。

2.日中活動系サービス

 ◆療養介護
  長期の入院による医療的ケアと常時の介護を必要とする人に機能訓練及び日常生活の世話を行います。
 ◆生活介護
  常に介護を必要とする人に入浴、排せつ、食事等の介護を行い、創作活動や生産活動の機会を提供します。
 ◆自立訓練(機能訓練・生活訓練)
  自立した日常生活ができるよう、一定期間、身体機能、生活能力向上のために必要な訓練を行います。
 ◆宿泊型自立訓練
  居住の場を提供し、生活能力等の維持・向上のための訓練、その他支援を行います。
 ◆就労移行支援
  就労に必要な知識・能力向上のために必要な訓練を行います。
 ◆就労継続支援
  通常の事業所に雇用されることが困難な人に働く場を提供し、知識・能力向上のために訓練を行います。

3.居住系サービス

 ◆共同生活援助
  夜間や休日、共同生活を行う住居において、相談、入浴、食事等の介護を行います。
 ◆施設入所支援
  施設に入所する人に対し、夜間や休日に入浴、食事等の介護を行います。

4.地域相談支援

 ◆地域移行支援
  施設入所者、精神科病院に入院している人に地域生活移行のため、必要な支援を行います。
 ◆地域定着支援
  単身で生活する人に対し、緊急時等に必要な支援を行います。

5.障害児通所支援

 ◆児童発達支援
  日常生活の基本的な動作、集団生活の適応訓練等、支援を行います。
 ◆医療型児童発達支援
  上記児童発達支援、治療を行います。
 ◆放課後等児童デイサービス
  就学中のお子さんに対し、放課後等に生活能力向上のために必要な訓練を行います。
 ◆保育所等訪問支援
  障がい児以外の児童との生活への適応のため、支援を行います。

6.計画相談支援・障害児児相談支援

  サービスを適切に利用できるよう、個人のニーズや状況を勘案し、「サービス等利用計画」を作成します。

 地域生活支援事業

 地域の特性を生かしたサービス体制をつくり、障がいのある方が身近なところでサービスを利用でき、選択の幅を広げることにより地域生活を支援します。

1.成年後見制度利用支援事業

  成年後見人の申し立てに要する経費と成年後見人の報酬などの費用の全額または一部を助成します。助成額は、対象者の不動産や預貯金などの資産に応じ決定されます。
 ◆対象   障害福祉サービスを利用し、又は利用しようとする知的障害者、精神障害者で、助成を受け
        なければ成年後見人制度の利用が困難であると認められた方。

2.意思疎通支援事業

 視覚、聴覚、音声・言語などの障がいのある方に、手話通訳者や要約筆記者の派遣を行います。
 ◆利用料   無料
 
 ※関連ファイル内の「地域生活支援事業利用申請書」をダウンロードしてご利用ください。

3.日常生活用具給付事業

 紙おむつ、ストマ用具など自立した生活を支援するための用具を給付します。
 ◆利用料   所得により1割負担
 
 ※関連ファイル内の「日常生活用具申請書」をダウンロードしてご利用ください。 

4.移動支援事業

 障がい児・者が社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等の社会参加のための外出を支援します 。
 ◆利用料   所得により1割負担
 
 ※関連ファイル内の「地域生活支援事業利用申請書」をダウンロードしてご利用ください。 

5.地域活動支援センター事業

 通所により、創作的活動や生産活動の機会を提供し、社会との交流促進などの障がい者の地域生活支援の促進を行います。主に在宅で引きこもりがちな方の交流促進、日常生活自立のための指導などを行います。
 ◆利用料   食費、光熱費など事業所が設定した費用について負担となります。
 ◆事業所   松風  湯沢市山田字中屋敷15-1  電話78-0066

6.訪問入浴事業

 入浴車による居宅での入浴サービスを提供し、生活の保持や心身機能の維持を図ります。
 ◆利用料   1回当たり12,500円の1割の負担になります。
 ◆事業所   ・いなかわ障害福祉サービス事業所
           湯沢市駒形町字八面狐塚58   電話42-2557
          ・湯沢市社会福祉協議会(湯沢ゆうあい訪問入浴介護センター)
           湯沢市古館町4-5   電話73-8696
          ・訪問入浴介護事業所平成園
           湯沢市小野字大沢田221   電話52-5210
          ・アヴェク・トワ
           横手市十文字町梨木字羽場下10番地115   電話0182-23-6655
 
 ※関連ファイル内の「地域生活支援事業利用申請書」をダウンロードしてご利用ください。 

7.日中一時支援事業

 障がい児・者の日中活動の場を確保し、介護や保護者の就労・休息のための支援を行います。

 
 ・生活介護事業所や施設入所支援事業所(入所施設)等を利用した日帰りの短期入所
 ◆利用料   所得に応じて月あたりの負担上限額が定められています。
 ◆事業所   ・愛光園
          湯沢市寺沢字段の上4-5  電話52-4313
          ・複合施設ぱあとなあ
          湯沢市字両神15-1  電話72-8107
          ・やまばと園
          湯沢市三梨町字飯田二ッ森43  電話42-2141
          ・秋田県阿桜園 
          横手市赤坂字仁坂105  電話0182-32-6085
          ・ひばり野園
          羽後町足田字七窪27-1  電話62-2345

 ※関連ファイル内の「地域生活支援事業利用申請書」をダウンロードしてご利用ください。

8.生活サポート事業

 障害支援区分非該当者で、日常生活に関する支援が必要な方に、ホームヘルパーなどを居宅に派遣します。(週2回、1回当たり2時間以内)
 ◆利用料   1時間当たり1,000円の1割
 ◆事業所   ・複合施設ぱあとなあ
          湯沢市字両神15-1  電話72-8107
          ・いなかわ障害福祉サービス事業所
          湯沢市駒形町字八面狐塚58  電話42-2557

 ※関連ファイル内の「地域生活支援事業利用申請書」をダウンロードしてご利用ください。         

9.身体障害者福祉ホーム

 低額な料金で身体上の障がいのため家庭において日常生活を営むのに支障のある方を対象とし、その日常生活に適するような居室その他の施設を利用し、日常生活に必要な便宜を供与する施設です。
 ◆事業所   ぱあとなあ   湯沢市字両神15-1  電話72-8107

10.障害者社会参加促進事業

 障がい者の社会参加を促進する活動を行う市内の障がい者団体やボランティアに、予算の範囲内においてその経費の全部又は一部を補助します。
 ◆補助対象事業   ・スポーツ、レクリエーション教室開催事業
               ・文化芸術活動振興事業
               ・点字、声の広報発行事業
               ・手話、要約筆記、点訳、朗読などの奉仕員養成研修

 ※※関連ファイル内の「社会参加促進事業補助金申請書」をダウンロードしてご利用ください。              

12.障害者等自発的活動支援事業

 市内の障がい者等及びその家族が地域において自発的に活動を行う10名以上の団体にその経費の全部又は一部を助成します。
 ◆補助限度額   3万円
 ◆補助対象事業例  ・障がい者等及びその家族が互いの悩みを共有し、情報交換を行う交流会活動                     ・障がい者等を含めた地域における災害対策活動
                ・障がい者等が地域で孤立することがないように見守る活動
                ・障がい者等が仲間と話し合い、社会に働きかける活動 
                ・障がい者等に対する社会復帰支援活動
                ・障がい者等に対するボランティア活動 

 ※関連ファイル内の「自発的活動支援事業申請書」をダウンロードしてご利用ください。

お問合せ先

 湯沢市福祉事務所 福祉課障がい福祉班

  電話 0183-55-8075(直通)

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

福祉課 障がい福祉班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8075