ホーム > 暮らしのガイド > 障がい者福祉 > 障がい者自立支援法について > 補装具と日常生活用具の制度
ホーム > ライフイベント > 障害・福祉 > 補装具と日常生活用具の制度

補装具と日常生活用具の制度

補装具の支給

  • 補装具とは、義肢・装具・車いすなどのことで、障がい者等の身体機能を補完し、または代替し、かつ長時間にわたり継続して使用されるものです。
  • 利用者負担については、定率負担となり1割を利用者が負担することになります。ただし所得に応じて一定の負担上限が設定されます。

補装具の種類

義肢、装具、座位保持装置、盲人安全つえ、義眼、眼鏡、補聴器、車椅子、電動車椅子、歩行器、重度障害者用意思伝達装置、歩行補助つえ、座位保持椅子(児童)、起立保持具(児童)、頭部保持具(児童)、排便補助具(児童)

  ※介護保険の福祉用具と共通する品目は、介護保険制度が適用される方は、介護保険制度が優先されます。
  ※新規で作成する場合、または修理の場合、品目等によって手続きの内容が変わりますので、購入前に下記
    担当へお問い合わせください、 

 日常生活用具の給付

  • 日常生活用具とは、日常生活上の便宜を図るための用具のことです。
  • 利用者負担は市町村が決定します。

日常生活用具の種類

排泄管理支援用具

ストーマ装具 紙おむつ等 収尿器

介護・訓練支援用具

特殊寝台 特殊マット 特殊尿器 入浴担架 体位変換器 移動用リフト 訓練いす(児のみ) 訓練用ベット(児のみ)

自立生活支援用具

入浴補助用具 便器 T字状・棒状のつえ 移動移乗支援用具 頭部保護帽 特殊便器 火災警報器 自動消火器 電磁調理器 歩行時間延長信号機用小型送信機 聴覚障害者用屋内信号装置

在宅療養等支援用具

透析液加温器 吸入器 電気式たん吸引器 酸素ボンベ運搬車 動脈血中酸素飽和度測定器 盲人用体温計 盲人用体重計

情報・意思疎通支援用具

携帯用会話補助装置 情報通信支援用具 点字ディスプレイ 点字器・タイプライター 視覚障害者用ポータブルレコーダー・活字文書読上げ装置・拡大読書器 盲人用時計 聴覚障害者用通信装置・情報受信装置 人工喉頭 点字図書・視覚障害者用ワードプロセッサー(共同利用)福祉電話(貸与)ファックス(貸与)

居宅改修費

居宅生活動作補助用具

※耐用年数、補助金額については、関連ファイル内の「湯沢市障がい者等日常生活用具給付等事業実施要綱」
   をダウンロードしてご確認ください。

お問合せ先

 湯沢市福祉事務所 福祉課障がい福祉班

  電話 0183-55-8075(直通)

 

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

福祉課 障がい福祉班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8075