• 湯沢市章
  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

おいしく健康づくり

 毎月19日は食育の日です!
 食は生きる源であり、おいしい食事は日々の楽しみや気分転換になります。
 食から健康的な生活をサポートするために管理栄養士が食に関する様々な情報と簡単なレシピを紹介します!

夏に気を付けたい食事のポイント

 夏バテになりやすい季節になりました。なんとなくやる気が出ない、食欲がない、寝つきが悪いなど思い当たることはありませんか?そんな体の不調は食事から改善しましょう!

夏バテを引き起こす要因

 夏バテになる理由には睡眠不足や自律神経の乱れなどいろいろありますが、栄養不足も大きな理由の1つです。夏は体温を調節するためにエネルギーをたくさん消費しますが、暑さのためにそうめんやパンなどの主食だけの食事になりがちです。主食に含まれる炭水化物をエネルギーに変換するビタミンや筋肉をつくるたんぱく質の不足が夏バテを引き起こしやすくなります。

夏の食事で摂りたい栄養素と食品

・たんぱく質
 筋肉の素になります。たんぱく質が不足すると疲れやすくなったりスタミナが切れやすくなったりします。
 〈食品例〉肉、魚、卵、豆腐などの大豆製品
・ビタミン
  特にビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変換します。
 〈食品例〉ビタミンB1は豚肉、カツオ、大豆や玄米に多く含まれます。
               ネギやニンニクに含まれるアリシンと一緒に食べると吸収率がアップします。
・クエン酸
 
疲労の素になる乳酸を減らす働きがあるため、疲労回復になります。
〈食品例〉お酢やレモン、梅干し
・香辛料、香味野菜
 
香りや風味で食欲増進に役立ちます。
〈食品例〉カレー粉やしょうが、しそ、みょうが、キムチなど

3食しっかり食べることが最も大切です。主食・主菜・副菜をそろえるように心がけましょう。

管理栄養士おすすめレシピ

さば缶南蛮漬け(4人分)

材料 分量
さば缶 2缶
玉ねぎ(小) 2分の1個
ピーマン 2分の1個
赤ピーマン 2分の1個
舞茸 2分の1パック
オリーブオイル 大さじ1と2分の1
すし酢 大さじ5
しょう油 大さじ1
鷹の爪 適量
小ねぎ 適量


さば缶南蛮漬けの写真

1 野菜は薄切り、舞茸は食べやすくほぐす。
2 (1)をオリーブオイルで和えて電子レンジで1から2分加熱する。
3 さばをタッパーに並べる。
4 (2)の粗熱がとれたら(3)にのせる。
5 調味料と輪切りにした鷹の爪を合わせておく。
6 (4)に(5)をかけ冷蔵庫で冷やす。
7 食べる直前に小ねぎを散らす。

参考:日本病態栄養学会レシピコンテスト奨励賞 国立病院機構渋川医療センターのレシピより

栄養価(1人分)
エネルギー:245Kcal 脂質:13.7g たんぱく質:17.7g 塩分:2.5g 

管理栄養士のひとこと
火を使わない簡単レシピです。お酢でさっぱり食べることができ、疲労回復にも期待できます。使う野菜をトマトやキュウリなど旬の野菜に変えてもいいですね。