ホーム > 特設サイト > 移住・定住 > 移住に関する情報 > 空き家を売りたい・貸したい方

空き家を売りたい・貸したい方

  市内に空き家を所有されている方で、空き家を売りたい方、貸したい方は、ひびく・つながる創造課までお問合せの上、空き家バンクへの登録をご検討ください。

 登録された物件情報は、湯沢市ホームページ「空き家バンク登録物件一覧」に掲載し、公開いたします。

 

物件登録の流れ

 物件登録の流れは、次のとおりです。

1.登録希望者から物件登録申請を受けたときは、市が社団法人秋田県宅地建物取引業協会湯沢雄勝地区協議会(以下、「協議会」という。)へ連絡し、当該物件を担当する協議会の会員(以下「協議会々員」とする。)の選任を依頼します。(物件の担当宅建業者を決めます。)

2.登録希望者、協議会々員、市の3者が現地確認(建物内部、外観、附属施設、土地等全て確認する)を行い、登録の可否を審査します。

3.物件の内容を審査し、適当と認めた場合、空き家バンク物件登録台帳に登録します。

4.物件の情報を市のホームページに掲載し、利用希望者に対して情報を提供します。

5.物件登録の期間は、2年間とし、申し出により延長も可能です。

   

物件の登録について

 空き家の登録を希望する方は、ひびく・つながる創造課にご相談のうえ、次の書類をご提出ください。

様式第1号 空き家バンク物件登録申請書(Word形式)

様式第2号 空き家バンク物件登録カード(Word形式)

様式第3号 誓約書兼同意書(物件登録希望者用)(Word形式)

○市税を滞納していないことが確認できる書類

○登録希望者の身分を証するもの(運転免許証など) 

○登記事項証明書又は所有権等を証明できる書類

○物件に係る土地の公図の写し 

○その他必要な書類(土地の測量図など)

 

登録除外物件について

 次のような物件は、空き家バンクへの登録はできませんので、詳しくはひびく・つながる創造課へご相談ください。

1.所有権以外の権利(抵当権や根抵当権、質権などの担保権、地上権や賃借権などの用益権)が設定されている物件

2.相続の手続きが完了していない物件(所有者が未確定)

3.老朽化が著しいもの又は大規模な修繕が必要と判断される物件

4.固定資産税が滞納されている物件  など

 

登録内容の変更・取消について

 物件登録の内容に変更が生じた場合は、下記の書類をご提出ください。

様式第6号 空き家バンク物件登録事項変更届出書(Word形式)

 

 物件登録を取り消したい場合は、下記の書類をご提出ください。

様式第8号 空き家バンク物件登録取消申請書(Word形式)

 

登録期間の延長申請について

 物件登録の期間は、2年間となっています。登録期間の延長を希望する場合、次の書類をご提出ください。

様式第9号 空き家バンク物件登録期間延長申請書(Word形式)