• 湯沢市章
  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

皆瀬庁舎整備事業基本設計業務委託に係るプロポーザルの実施について

 皆瀬庁舎は、建築後約50年が経過し老朽化が進んでいるほか、現行の耐震基準を満たしていないことや、多くの未利用スペースが生じているなどの課題があり、また、周辺の皆瀬生涯学習センター及び皆瀬診療所についても同様の課題を抱えています。

 一方、地域においては、人口減少や少子高齢化、地域経済の衰退等によって、複雑多岐にわたる地域課題が増加しており、地域と行政がパートナーとなって取組を進めていく新たな地域づくりが必要になっていることから、複合化のメリットを最大限に生かすことを基本として、これからの時代に求められる行政機能のあり方を検討するとともに、施設規模の算定、土地利用計画、概算事業費、スケジュール等を整理した「湯沢市皆瀬庁舎整備基本計画」(以下「基本計画」という。)を令和2年5月に策定しました。

 本業務は、基本計画に基づき、皆瀬庁舎整備事業の基本設計を行うものです。

1.実施要領

関連ファイル「実施要領」をご覧ください。

2.プロポーザル審査委員会要領

関連ファイル「プロポーザル審査委員会要領」をご覧ください。

3.参加者数

代表企業参加者3者及び市内参加者2組から技術提案書の提出がありました。

4.決定された候補者

代表企業特定者
  1. 株式会社関・空間設計
 
市内企業特定者
  1. 有限会社創建築設計事務所
  2. シグマ企画加納設計
  3. みらい設計一級建築士事務所
(※3者による共同提案)

5.審査結果等

関連ファイル「審査結果等(講評)」をご覧ください。