• 湯沢市章
  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

第62回湯沢市凧あげ大会

 

イベント概要

 

凧揚げ大会1

 大きな目が特徴の「まなぐ凧」に代表される、湯沢市伝統の「湯沢凧」のPRと、伝統文化の継承を目的として、毎年3月の第三日曜日に開催される「湯沢市凧あげ大会」は、昭和33年に第1回大会が開催されてから半世紀以上にわたり開催されている、湯沢に春を告げる恒例行事です。
 今年は62回目の大会が、来る3月17日日曜日の午前9時30分から、湯沢市B&G海洋センター前広場(雨天の場合は湯沢市健康ドーム)で開催されます。
 大会には、市内の小中学生や幼稚園・保育所の子どもたち、湯沢翔北高校専攻科の学生が参加する予定となっているほか、凧を通してつながる全国各地の凧愛好家が、自慢の凧を持ち寄ります。本市のまなぐ凧をはじめとする伝統凧や創作凧。大凧に連凧。天気が良ければ、大空に一大凧絵巻が繰り広げられます。


  大会では参加者を、未就学児対象の「幼年の部」、小学生対象の「少年の部」、中学生以上対象の「一般の部」に分けて、凧の出来映えや揚げ方などを審査し、優秀なかたがたを表彰します。このほかに特別賞も用意しています。
 参加は無料で、全員に参加賞を差し上げます。また、未就学のお子さまには、先着50名に「ダイヤ凧」をプレゼントします。(小学生以上のかたは、凧を持参してください)
 会場では、とん汁の無料振る舞いも行います。春風を五感で感じる早春のひととき、ぜひともお誘い合わせの上「湯沢市凧あげ大会」にお出かけください。

日時

平成31年3月17日日曜日 午前9時30分開会式
(参加受付は、午前9時から)

会場

湯沢市B&G海洋センター前広場
(雨天の場合は、海洋センター隣の健康ドーム内で開催) 

凧あげ大会2


問い合わせ先

湯沢市産業振興部観光・ジオパーク推進課
観光物産班 電話:0183-55-8180