ホーム > ライフイベント > 結婚・離婚 > 湯沢市が実施している結婚支援事業をお知らせします
ホーム > 暮らしのガイド > 少子化対策 > 湯沢市が実施している結婚支援事業をお知らせします

湯沢市が実施している結婚支援事業をお知らせします

 湯沢市では、結婚を考えているお二人に対し、様々な支援を行っております。活用について、ぜひご検討ください!

ご当地婚姻届

  お二人の大切な届出を、本市の伝統行事である「犬っこまつり」をモチーフにした、オリジナル婚姻届で行いませんか。窓口に提出する用紙のほか、お二人のお手元に残る記念用紙もあります。
 用紙は、株式会社リクルートが運営するWebサイト「まちキュンご当地婚姻届」のページからダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

ご当地婚姻届の見本
 

結婚祝い品の贈呈

 結婚されたお二人を祝福し、湯沢市の窓口に婚姻届を提出した場合に結婚お祝い品を贈呈しています。
 

贈呈の対象となる方

平成27 年4月1日以降、湯沢市の窓口に婚姻届を提出し、かつ、次のいずれかに該当する方

  1. 湯沢市住民基本台帳に記録されている方、または新たに転入する方
  2. 湯沢市に本籍のある方、または新たに本籍をおく方
  3. 湯沢市の「まちキュンご当地婚姻届」を市の窓口に提出した方

※1.、2.はご夫婦のどちらかが該当すれば対象となります。
※一度お祝い品を受けたご夫婦が離婚し、また同一人と再婚した場合は除きます。

 

お祝い品について

婚姻届提出時、または後日郵送にて、地元特産品や食事券、日帰り温泉利用券などを集めたギフトカタログをお渡ししますので、ご希望の品をお選びください。 

 

市役所deウェディング

 「結婚式を挙げる予定はないけれど、結婚の記念を残したい」と考えているお二人には、「市役所deウェディング」をおすすめします!
 明るく開放的な市役所本庁舎の市民ロビーを会場に、フォトウェディングを開催できます。
 

ご利用できる方

  • 湯沢市住民基本台帳に記録されている方、または新たに転入する方
  • 湯沢市に本籍のある方、または新たに本籍をおく方
  • 湯沢市の「まちキュンご当地婚姻届」を市の窓口に提出した方
     

利用条件

当日の事業内容や開催状況について、市や開催受託事業者が、インターネット等を利用して市内外へ情報発信することに承諾していただけること。
 

事業内容

  • タキシード・ウェディングドレス着用によるフォトウェディング
  • アルバム作成(六切3カット)
     

その他

  • 料金は無料です。
  • 有料オプションで、市内の観光地等でのロケーションフォトも可能です。
  • セレモニーには、ご家族やご友人も参加いただけます。

 

結婚生活スタート応援事業

 婚姻にともない、住宅を購入したりアパートを借りたりして新生活をスタートされるお二人に対し、費用の一部を助成しています。
 

助成内容

以下の費用を、24万円を上限に助成します。

  1. 住宅取得費用(新築、中古住宅購入)
  2. 住宅賃借費用(賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料)
  3. 婚姻にともなう引っ越し費用(引越し業者または運送業者への支払い実費)

※勤務先の住居手当支給の部分は対象外です。
※住居費の公的制度による補助対象の部分は対象外です。
※1と3、2と3は併用可能です。
 

要件

  1. 対象となる住居が市内にあり、申請の時点で夫婦の双方または一方が当該住宅に居住し、住民登録していること
  2. 平成30年1月1日から平成31年3月31日までに新たに婚姻届を提出し、受理されていること
  3. 夫婦共に婚姻日における年齢が34歳以下であること
  4. 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで支払った費用であること
  5. 夫婦の前年の所得(1月から5月までの申請は前々年の所得)合計額が340万円未満であること。ただし、次の2点に該当する場合は、規定する計算方法により算出した金額
    a. 夫婦の双方または一方が離職して無職の場合、前年の所得があっても所得無しとする。
    b. 奨学金返済世帯は、所得から年間返済額を控除する。
  6. 市税等の滞納をしていないこと
     

提出書類

  1. 湯沢市結婚生活スタート応援事業補助金交付申請書兼実績報告書兼請求書(様式第1号)
  2. 戸籍謄本(夫婦の婚姻日が確認できるもの)
  3. 住民票の写し(夫婦分)
  4. 所得証明書(夫婦分)
  5. 《住宅購入又は賃借の場合》売買又は賃貸借契約書及び領収書の写し等
  6. 《引越しの場合》引越しに係る領収書の写し
  7. 《婚姻を機に離職した場合》離職票の写しなど
  8. 《貸与型奨学金を返済した場合》返還証明書など返済額が分かる書類
  9. 《賃貸借に係る住宅の場合》住宅手当支給証明書(様式第2号)  (※支給の有無の証明)
  10. 《住居費に係る公的補助を受けている場合》補助額が分かる書類の写し

 ※1~4は必須、5~10は必要に応じて提出してください。
 

結婚・子育て利子補給事業

 結婚を希望する方や子育て世帯の経済的負担を軽減するため、結婚・子育て資金借入の償還に係る経費(利子)の一部を助成しています。
 

 助成内容

  • 利子補給率 年2%以内
  • 利子補給期間 借入日から起算して84ヶ月以内(7年以内)
  • 融資限度額 200万円

※毎年12月末現在の借入残高に利子補給率(2%以内)を乗じた金額を、利子補給補助金として助成します。
※借入額返済期間中に再借入したものは対象となりません。
※借入金の返済が終了する前に市外に転出又は離婚した場合は、転出日・離婚日で支援を終了します。
※12月末現在で返済が滞っている場合は、利子補給金を助成しません。
 

要件

共通事項
  • 湯沢市住民基本台帳に記録されている方
  • 湯沢市と提携した金融機関から融資を受けることができる方
  • 本人および同居の世帯員が、市税等を滞納していない方
     
結婚ローンの場合
  • 借入日から6ヶ月以内に結婚予定の方、または結婚した方
     
子育てローンの場合
  • 妊娠している方、もしくはその配偶者の方
  • 同居している高校を卒業する年までの子どもの扶養義務者の方
     
     

助成対象となる使途

結婚ローンの場合
  • 結婚に関する費用(指輪購入、披露宴、新婚旅行、新居引っ越し費用等)
     
子育てローンの場合
  • 出産の準備の費用
  • お子さんの年齢に応じた子育てに関する費用(保育園・小中高校等の入学準備費用、塾やスポ少・予備校等に要する費用、大学等進学の受験費用、引っ越し先生活開始費用等)

※大学等の入学金・授業料等、マイカー購入費用、子ども部屋改装費用、市外への引越し費用は除きます。
 
 

提携金融機関

北都銀行

湯沢支店

 

湯沢北支店

 

稲川支店

 

横堀支店

秋田銀行

湯沢支店

 

稲川支店

こまち農業協同組合

本店

 

中央総合支店

 

東部総合支店

 

南部総合支店

羽後信用金庫

湯沢支店

 

稲川支店

 

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

協働事業推進課 協働のまちづくり班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8249