ホーム > 産業・ビジネス・まちづくり > 産業・企業支援 > 農業支援 > 降ひょうの被害を受けた農家等を支援します

降ひょうの被害を受けた農家等を支援します

5月15日の降ひょうにより農作物被害にあわれた農家等を支援します

降ひょうによって被害を受けた農家等を対象とした「果樹産地等緊急総合支援事業補助金」「農業・漁業経営フォローアップ資金」の制度にて農業経営の再建を支援します。

 

【支援の対象者】

 出荷等を目的とした農作物を栽培し、5月15日のひょう被害を受けた農家や農業生産法人

 

◆果樹産地等緊急総合支援事業補助金

  病害虫の発生を防止するため、被害発生後の農作物の防除や肥料等のかかり増しした経費に対し補助金を交付します。

 ●対象経費

  1.病害虫防除薬剤費、肥料費、種苗費

   【補助率 経費の3分の2 作物ごとに上限あり】

  2.おうとうの摘果等に係る雇用労賃

   【10aあたり上限60,000円の3分の2】

  3.規格外果実の販売のための箱代及び梱包資材費
   ※農業協同組合や生産者グループ等で降ひょうの被害を受けた果実等を規格外果実として集荷、出荷または販売する団体を対象とします。(個人は対象外) 

   【箱代及び梱包資材の10分の10】

 

◆農業・漁業経営フォローアップ資金

  被害による減収に伴い、不足する農業経営に必要な資金を融資機関から無利子・保証料なしで借り入れすることができます。

 ●融資限度額 原則500万円(ただし、経営規模や被害額等特に勘案すべき事情がある場合は500万円を超える貸し付けも可能)

  また、原則として30万円未満のものについては融資しない。

 ●償還期間 10年以内(うち据置期間3年以内)

 ●利子は、県及び市、融資機関が負担します。

 ●秋田県農業信用基金協会への保証料は市が負担します。

 

 

【上記支援を受けるには被害認定が必要です】

 被害認定の受付を次のとおり行います。

日にち

時間

場所

対象地区等

6月8日 木曜日

午前9時~11時30分
午後1時~5時

三関地区センター

三関、須川地区
JA桜桃部会会員以外の桜桃農家

6月14日 水曜日

市役所雄勝総合支所

院内、横堀、小野地区

6月15日 木曜日

市役所稲川総合支所

三梨、川連、駒形地区

6月18日 日曜日

市役所2階会議室

上記に来れない方

7月12日 水曜日

市役所2階会議室

7月13日 木曜日

市役所2階会議室

 ●持参する物

  1.印鑑

  2.被害状況の写真がある方はその写真

  3.固定資産税課税明細書(土地の一覧が記載された黄色い用紙)

   ※ 写真がない方は、被害を受けたことのわかる書類等があればご持参ください。

 

JAの各部会に加入している方は各部会で、いちご生産集出荷組合やたばこ耕作組合(JAこまち東部総合支店営農経済センター)に加入している方は各組合でそれぞれ受け付けしています。

 

 

〇お問い合わせ

湯沢市役所産業振興部農林課農業振興班 電話72-0631

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

農林課 農業振興班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-72-0631