ホーム > 湯沢市の概要 > これからの湯沢 > 公共施設マネジメント > 若者や女性が考える公共施設の未来

若者や女性が考える公共施設の未来

『 公共施設の未来 』 × 『 若者や女性が輝くまちづくり 』

公共施設の再編に当たり、様々な立場や世代の方々から、バランスよくご意見を伺うための機会を設けています。

『公共施設の再編はあらたなまちづくりの機会』

公共施設の再編は、施設の利用者や高齢者の方々はもちろんのことですが、将来世代に大きく影響のあることだからこそ、若い世代の方々のご意見が重要となります。
また、利用率を向上させて、有効的にご利用いただける公共施設とするためには、施設内の環境など女性目線でのご意見が必要です。
 

市では、平成29年3月に「湯沢市若者や女性が輝くまちづくり推進条例」を制定しました。

人口割合等からまちづくりに対して声が届きにくい若者や、潜在能力の発揮が一層重要とされている女性の活躍を後押しすることで、まちに新たな活力を生み出し、魅力あるまちづくりに資することが期待されます。
条例は、若者や女性が活躍する社会、ひいては老若男女共同参画社会の実現を目指し、若者や女性のまちづくりへの参画機会を積極的に確保するためのものです。

この条例に基づき設置された『湯沢市若者や女性が輝くまちづくり推進協議会』の委員の皆様に「公共施設の未来を考える」をテーマに協議していただくこととしました。

1回目は意見交換、2回目・3回目はグループワークなどをとおして「まちの未来と公共施設」を考えていただきます。


湯沢市若者や女性が輝くまちづくり推進協議会 開催概要

<1回目>

日時

 平成30年7月13日 金曜日 18時00分~19時20分

場所

 湯沢市役所本庁舎 2階 会議室21・22

内容

 ○趣旨説明
 ○現状説明 「あなたも考えよう ! 湯沢市の公共施設」
 ○質疑応答、意見交換


会議録は関連ファイルよりご覧ください。