• 湯沢市章
  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

地域住宅計画(秋田県湯沢地域)の事後評価について

社会資本総合整備計画 地域住宅計画(秋田県湯沢地域) 事後評価

社会資本整備総合交付金とは


社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が行う社会資本の整備その他取組みを支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的とする交付金です。

地域住宅計画(秋田県湯沢地域)について

1. 計画名
社会資本総合整備計画 地域住宅計画(秋田県湯沢地域)
2. 計画の期間
平成26年度から平成30年度(5年間)
3. 計画の目標
管理戸数232戸の市営住宅を長期有効活用するため、公営住宅の建替えによりバリアフリー化を推進し、一定の居住水準を確保した住宅を住宅困窮者に提供する。また、市街地活性化に資する定住人口の回復と土地利用の整序や施設等の集約化及び地域コミュニティの構築や高齢者のまちなか居住を促進すべく、都市機能(医療・福祉・子育て支援・教育文化等)の充実と中心市街地における市営住宅供給も含めたコンパクトでにぎわいのある暮らしやすいまちづくりを目指す。
4. 事業内容
耐用年限を超過した市営住宅の割合を減少、市営住宅のバリアフリー化の割合の向上
 

事後評価について

事業の成果を市民の皆様に説明することを目的に実施するものです。
関連ファイルのダウンロードにより事後評価について確認することができます。