ホーム > 産業・ビジネス・まちづくり > まちづくり > 官民連携 > IoTサービスの実証試験を行います

IoTサービスの実証試験を行います

 

Iotとは?

 主にパソコン等のIT関連機器が接続されていたインターネットに、それ以外の様々なモノを接続することを意味します。Internet of Thingsの略で、直訳すると「モノのインターネット」になります。

例えば、スマートフォンやタブレットで照明器具の明るさを調整したり、エアコンを外出先から電源を操作したり、温度調整したりすることが可能になっています。

 

実証試験

 市では、総務省のIotサービス創出支援事業を活用して、市役所会議室を使用される方が、会議室の空室確認・予約、解錠・施錠をインターネットで行う実証試験を行います。こうした取組により、会議室を利用される方の利便性向上、施設管理費の削減につながることが期待できます。


実証試験

期間
平成29年9月11日月曜日から平成30年2月28日水曜日まで
※原則、会議室を使用する7日前までの予約が必要になります。

対象となる会議室
市役所2階 21・22・25・26会議室



詳しくは、こちらから → https://yuzawa-spacesharing.jp/


 

マイナンバーカードの利用がお得です

 インターネットで会議室を予約する場合、初回メンバー登録時に限り、本人確認が必要になります。本人確認は、指定のサイトで運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどを使って行います。
 また、実証試験では10月以降、マイナンバーカードで本人確認(公的個人認証)を行った方に、500円分の
Quoカードをプレゼントします。さらに、実証試験期間中は、マイナンバーカードで本人確認を行った方が会議室を予約した場合、毎回、使用料金の2分の1に当たる金額を助成します。
 この機会に、使ってお得なマイナンバーカードの取得、利用をご検討ください。

  
  
マイナンバーカードの申請方法はこちら → http://www.cao.go.jp/bangouseido/card/index.html#shinsei



 

このページに関する情報

お問い合わせ見出し

ひびく・つながる創造課 魅力創生班

〒012-8501

秋田県湯沢市佐竹町1番1号

電話:0183-55-8274