• 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準
  • 背景色

  • 文字サイズ特大
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ

宇宙大橋

橋名は当初、中ノ台沢川を挟んだ「羽場」「中ノ台」両集落の頭文字から「羽中大橋」とし、呼び名は、谷底50メートルから見上げた橋が遙か空に浮かぶ様から「うちゅうおおはし」に、と内定していました。 
ところが、折りもおり、平成6年7月、日本人女性初の宇宙飛行士、向井千秋氏がスペースシャトル「コロンビア号」に搭乗、数々の宇宙実験に大きな成果を上げられました。
その姿を見て感動した村内の子どもたちの間から、「羽中」を「宇宙」に・・・との声が上がり、村の未来への夢と希望を託し、「宇宙大橋」と命名されました。

宇宙大橋1

宇宙大橋2


 「宇宙大橋」命名の記念として、宇宙大橋記念の碑を建立し、その題字は村と子どもたちの未来に寄せて宇宙開発事業団、向井千秋氏の筆によるものです。
 

概要

着工~完成

昭和62年度~平成6年11月

経費

約21億円(秋田県が市町村代行事業として実施)

上部工形式

バスケットハンドル型ニールセン系ローゼ桁の耐候性無塗装

全長/幅

180m/10.25m