ホーム > 産業・ビジネス・まちづくり > 入札 > 入札情報(財政課検査班) > 資格審査申請(登録申請) > 湯沢市小規模修繕等契約希望者登録について【随時受付】

湯沢市小規模修繕等契約希望者登録について【随時受付】

 

1 制度の目的について

 市が発注する小規模な修繕等について、市の入札参加資格審査申請が困難な市内の事業者を登録し、これら登録された事業者の積極的活用を図ることにより、当該事業者の受注機会の拡大を図ることを目的とするものです。

 

2 制度の対象契約について

(1)

小規模な修繕等の対象となる契約は、原則としてその内容が軽易で、かつ、履行の確保が容易であると発注課所が認めるものであって、金額は50万円未満のものです。

(2)

登録申請をした事業者は、審査後に登録名簿へ登載され、市が小規模修繕等を発注する際の見積依頼の対象者となります。ただし、このことが直ちに見積依頼や契約を確約するものではありません。

(3)

契約の方法は、原則として複数の登録事業者から見積書を提出していただき、最低の価格の見積書を提出した事業者と契約することになります。

※なお、見積を依頼されても辞退することは自由ですが、依頼課所にできるだけ連絡をお願いします。 

(4)

制度の目的から、契約した小規模修繕等について下請負はできません。このため、希望業種は自らが施工できる業種のみとして下さい。

(5)

契約の履行は、湯沢市財務規則、その他関係法令に基づき信義にしたがって誠実に履行して下さい。

 

3 登録できる事業者

 市内に主たる事業所(本社、本店)を有する事業者です。(建設業の許可の有無、経営組織、作業員数は問わない)ただし、次の各号のいずれかに該当する事業者を除きます。

(1)

成年被後見人、被補佐人、被補助人又は破産者で復権を得ていないもの

(2)

湯沢市建設工事等入札参加者資格審査要綱に基づく、入札参加有資格者名簿に登載されている者

(3)

希望業種を履行するために必要な資格・許可・実績等を有しない者

(4)

市税を滞納している者

※市の助成制度等を利用する場合のみ、市内に従たる事業所(支店、営業所等)を有する事業者も登録することができます。

 

4 登録できる業種

(1)  登録業種は次の30業種です。

  ○土木一式 ○建築一式 ○大工 ○左官 ○とび・土工・コンクリート ○石 ○屋根

  ○電気 ○管 ○タイル・れんが・ブロック ○鋼構造物 ○鉄筋 ○舗装 ○しゅんせつ

  ○板金 ○ガラス ○塗装 ○防水 ○内装仕上げ ○機械器具設置 ○熱絶縁 ○電気通信

  ○造園 ○さく井 ○建具 ○水道施設 ○消防施設 ○清掃施設 ○解体 ○その他

 
 ※営まれている業務の内容に応じて、別表を参考に申請してください。
 ※解体は、建設リサイクル法に基づく「解体工事業」の登録又は建設業法に基づく「土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業または解体工事業」の許可が必要になりますので、登録を希望される方は、各種許可証を添付してください。 

 

5 受付開始日

 随時受付を平成30年4月1日より開始

 午前9時から正午及び午後1時から午後4時30分

 ただし、土日祝日等の閉庁日を除きます。

 

6 提出方法及び提出先

 

  持参・郵送いずれも可

  〒012-8501 湯沢市佐竹町1番1号

  湯沢市総務部財政課検査班

  電話番号 73-2111(内線578・579)

  FAX番号 73-2117

 

7 有効期間

 名簿登載日~平成32年3月31日

 ※以後、2年ごとに定期受付を予定しております。

 ※審査結果については、書面により通知します。

 

8 申請書類(様式は全てword形式です。)

(1)

小規模修繕等契約希望者登録申請書(様式第1号)

※必要事項を記入し、希望する業種の番号及び資格、免許等の有無を○で囲んで下さい。なお、その他を選択した場合は、修繕等の具体的内容を記入して下さい。

(2)

希望する業種を履行するために必要な資格、免許等の写し

※資格、免許等の有無で無に○をした場合は、修繕等実績調書(様式第2号)を記入し、提出して下さい。

(3)

湯沢市税完納証明書(申請日前3か月以内のもの)

税務証明交付申請書に必要事項を記載し、湯沢市役所本庁舎(税務課)又は各総合支所窓口で手続き(有料)してください。

9 登録事項の変更等

 登録申請をした後に、申請事項に変更があった場合や休業または廃業した場合は、小規模修繕等契約登録事業者登録事項変更届(様式第3号)又は小規模修繕等契約登録事業者休業・廃業届(様式第4号)により届け出て下さい。