ホーム > 産業・ビジネス・まちづくり > 公募型プロポーザル > 湯沢市病児保育事業業務委託公募型プロポーザルの実施について

湯沢市病児保育事業業務委託公募型プロポーザルの実施について

概要

  本業務は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第59条第1項の規定に基づく病児保育事業のうち、病児対応型を実施するものである。病気の「回復期に至らない場合」で、当面の症状の急変が認められない児童を専用施設で一時的に保育する環境を整備し、湯沢市子ども・子育て支援事業計画に掲げる「安心して子育てができる環境づくり」の充実を図る。

委託業務名

湯沢市病児保育事業業務委託

委託期間

平成31年4月1日から平成34年3月31日まで

本業務委託は、本事業の施設整備に係る平成31年度子ども・子育て支援整備交付金の内示を条件とする。内示を受けられない場合は契約解除となるが、これにより受託予定者において損害が生じても、本市はその損害について一切負担しないこととする。

提案上限額

45,130,000円を上限とする。

(第二種社会福祉事業に該当するため、消費税法基本通達6-7-5、法別表第一第7号ロの規定により非課税)
(業務委託料、平成31年度には開設準備に要する費用を含む、人件費については職員給与改善分を考慮した金額)
ただし、この金額は契約時の予定価格を示すものではなく、企画提案の規模を示すものである。

参加申し込方法

本プロポーザルに参加を希望する者は、湯沢市公募型プロポーザル方式による病児保育事業業務委託事業者選定要領に規定する下記参加申込書類を次の要領で提出すること。
提案資格審査結果は、平成30年10月9日火曜日までに書面を発送し通知する。

提出書類

(1) 参加意向申出書(様式1)
     事業実施施設の業務実績等を記載すること。
(2) 法人概要(様式2)
    実施事業等の状況、事業実施施設の概要等を記載すること。同事項が記載されたパンフレットでも可とする。
(3) 定款又はその写しならびに法人の運営及び組織に関する書類
(4) 財務諸表(貸借対照表及び損益計算書) ※直近のもの

提出部数

1部

提出期限

平成30年10月5日金曜日正午まで

提出方法

持参又は郵送によること。

提出先

〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
湯沢市福祉事務所子ども未来課児童福祉班 担当:伊藤
  

参加資格要件

本プロポーザルに参加できる者は、下記に掲げるすべての要件を満たす者とする。
(1) 本市内に社会福祉法人又は学校法人の本拠を設置又は設立して5年以上経過しており、財務状況、損益状況及び資金状況が良好で契約を締結する能力を有するものであること。
(2) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条第1項に規定する保育所、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)第2条第6項に規定する認定こども園又は学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する幼稚園の運営実績が5年以上あること。
(3) 本市が本市内に整備する病児保育専用施設において委託業務を実施できること。
(4) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者。
(5) 会社更生法(平成14年法律第154号)及び民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく手続き開始の申立てがなされている者でないこと。
(6) 国税(法人税又は所得税及び消費税をいう。)及び地方税の未納がない者。
(7) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団及びそれらの利益となる活動を行う法人等でないこと。

提案書の提出

提案資格確認結果通知により提案資格を有すると認められたものが提出すること。

提出書類

(1) 提出意思確認書(様式5)
(2) 提案書(任意様式)
(3) 添付書類

提出部数

正本1部、副本4部(副本はコピー可)

提出期限

平成30年10月31日水曜日正午まで

提出方法

持参又は郵送によること。

提出先

〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
湯沢市福祉保健部子ども未来課児童福祉班 担当:伊藤

選定方法

公募型プロポーザル方式

担当部署

〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号
湯沢市福祉事務所子ども未来課児童福祉班 担当:伊藤
電 話 0183-78-0166(直通)
ファックス 0183-72-8301
メールアドレス kosodate@city.yuzawa.lg.jp