○湯沢市監査委員条例

平成17年3月22日

条例第31号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第200条第2項及び第202条の規定に基づき、監査委員に関し必要な事項を定めるものとする。

(事務局の設置)

第2条 監査委員の事務を処理するため監査委員事務局を置く。

(定期監査)

第3条 定期監査は、毎年11月から翌年1月までの間に行う。ただし、必要によりその期間を繰り上げ又は繰り延べることができる。

(例月出納検査)

第4条 例月現金出納検査は、毎月25日(その日が湯沢市の休日を定める条例(平成17年湯沢市条例第2号)第1条に規定する休日に当たるときは、その翌日)に行う。ただし、特別の事情があるときは、期日を変更することができる。

(通知)

第5条 監査等を実施するに当たっては、監査の対象となる機関に対し、監査の種類、期日、場所等をあらかじめ通知し、関係書類及び必要な資料の提出を求めるものとする。

(公表)

第6条 監査の結果に関する報告の公表は、湯沢市公告式条例(平成17年湯沢市条例第3号)の定めるところによる。

2 前項の公表は、所定機関に対する報告の提出より先にしてはならない。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、監査委員が別に定める。

附 則

この条例は、平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成18年9月21日条例第62号)

この条例は、公布の日から施行する。

湯沢市監査委員条例

平成17年3月22日 条例第31号

(平成18年9月21日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第4章 監査委員
沿革情報
平成17年3月22日 条例第31号
平成18年9月21日 条例第62号