○湯沢市行政財産使用料条例

平成17年3月22日

条例第58号

(通則)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第225条の規定に基づく湯沢市(以下「市」という。)の行政財産の使用料(以下「使用料」という。)に関しては、別に定めのある場合を除き、この条例の定めるところによる。

(使用料の額)

第2条 使用料は、別表に定めるところにより算定した額とする。

(使用料の最低限度額)

第3条 前条の規定により算出して得た1件の使用料の額が100円未満となる使用料は、これを100円とする。

(使用料の減免)

第4条 市長(教育委員会の管理する行政財産に係るものについては教育委員会。以下同じ。)は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用料を減額し、又は免除することができる。

(1) 国又は地方公共団体その他公共団体において、公用又は公共用に供するため使用するとき。

(2) 市の指導監督を受け、市の事務事業を補佐し、又は代行する団体において、補佐又は代行する事務、事業の用に供するため使用するとき。

(3) 行政財産の使用の許可を受けた者が、地震、水災、火災等の災害のため、当該財産を使用目的に供し難いと認めたとき。

(4) 前3号のほか、特に必要があると認めるとき。

(使用料の徴収方法)

第5条 使用料は、行政財産の使用の許可を受けた者から、使用を開始する日までにその全額を徴収する。ただし、年間使用料の場合は、納付すべき期限を別に指定することができる。

(使用料の不還付)

第6条 既納の使用料は、還付しない。ただし、公用又は公共用に供するため行政財産の使用の許可を取り消したときその他特別の理由があると認めるときは、市長は、その全部又は一部を還付することができる。

(督促及び延滞金)

第7条 使用料を納付期限までに納付しない者があるときは、納付すべき期限を指定した督促状を、納付期限経過後20日以内に発行して督促する。

2 使用料につき前項の規定による督促をした場合においては、督促手数料及び延滞金の徴収については湯沢市諸収入金の督促手数料及び延滞金の徴収に関する条例(平成17年湯沢市条例第60号)の例による。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下この項において「施行日」という。)の前日までに、合併前の湯沢市行政財産使用料条例(平成9年湯沢市条例第1号)、稲川町財務規則(平成7年稲川町規則第13号)、雄勝町行政財産使用料徴収条例(平成14年雄勝町条例第8号)又は皆瀬村行政財産使用料徴収条例(平成12年皆瀬村条例第3号)の規定により徴収されることとされた使用料で、施行日以後のそれぞれの使用期間が満了するまでのものは、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年2月28日条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以降に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日以降に納入するもの(ただし、施行日前に発行された納入通知書により納入するものを除く。)について適用し、施行日前に行った施設の使用等に係る使用料等並びに施行日以降に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日前に納入するもの及び施行日前に発行された納入通知書により納入するものについては、なお従前の例による。

附 則(令和元年6月24日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以降に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日以降に納入するもの(ただし、施行日前に発行された納入通知書により納入するものを除く。)について適用し、施行日前に行った施設の使用等に係る使用料等並びに施行日以降に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日前に納入するもの及び施行日前に発行された納入通知書により納入するものについては、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

区分

単位

使用料の額(年額)

土地

土地

1m2につき

公有財産台帳価格に100分の4.0を乗じて得た額(ただし、営利を目的とする場合は3万6,000円以内において市長が定める額)

電柱等

電柱等湯沢市道路占用料徴収条例(平成17年湯沢市条例第214号)の別表に定める物件の使用料については、同表に定めるところによる。

建物

1m2につき

公有財産台帳価格に100分の4.0を乗じて得た額(ただし、営利を目的とする場合は3万6,000円以内において市長が定める額)

備考

1 使用面積が1平方メートル未満であるとき又はその面積に1平方メートル未満の端数があるときは、1平方メートルとして計算する。

2 使用期間が1年未満であるとき又はその期間に1年未満の端数があるときは、月割りをもって計算し、なお、その期間が1月未満であるとき又はその期間に1月未満の端数があるときは、日割りをもって計算する。

3 建物使用料及び使用期間が1月未満の土地使用料は、この表により算出した額に1.1を乗じて得た額とする。

4 使用料の額に1円未満の端数があるときは、当該端数金額を切り捨てる。

湯沢市行政財産使用料条例

平成17年3月22日 条例第58号

(令和元年10月1日施行)