○湯沢市コミュニティセンター管理運営規則

平成17年3月22日

教育委員会規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市コミュニティセンター条例(平成17年湯沢市条例第83号。以下「条例」という。)第19条の規定に基づき、湯沢市コミュニティセンター(以下「センター」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用申込み及び許可)

第2条 センターを使用しようとする者は、使用日の3日前までに、コミュニティセンター使用申込書(様式第1号)を教育委員会に提出し、コミュニティセンター使用許可書(様式第2号)の交付を受けなければならない。

2 前項の規定による許可を受けた事項を変更しようとするときは、教育委員会に届け出て許可を受けなければならない。

(使用者の義務)

第3条 使用者は、この使用を終了したときは、直ちに原状に復し、器具を整備し、清掃して教育委員会に届け出なければならない。

2 使用者は、センターの施設、設備器具等を破損又は滅失したときは、直ちにその旨を教育委員会に届け出なければならない。

(指定管理者による管理)

第4条 条例第13条第1項の規定によりセンターの管理を指定管理者に行わせる場合は、前2条の規定中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と読み替え、様式第1号及び様式第2号中「湯沢市教育委員会」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

2 条例第13条第1項の規定によりセンターの管理を指定管理者に行わせる場合において、当該指定管理者がセンターの管理を行うこととされた期間前にされた第2条(前項の規定により読み替えて適用される場合を含む。)の規定による許可の申請又は変更の届出は、当該指定管理者にされた許可の申請又は変更の届出とみなす。

3 条例第13条第1項の規定によりセンターの管理を指定管理者に行わせる場合において、当該指定管理者がセンターの管理を行うこととされた期間前に第2条(第1項の規定により読み替えて適用される場合を含む。)の規定による許可を受けている者は、当該指定管理者の使用の許可を受けた者とみなす。

(損害賠償)

第5条 使用者が、施設、設備器具等を破損又は滅失したときは、市長の認定に基づき弁償させることができる。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、指定管理者が行うセンターの管理に関し必要な事項は、指定管理者が教育委員会の承認を受けて別に定める。ただし、軽微な事項として教育委員会が認めるものについては、教育委員会の承認を要しない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の湯沢市コミュニティセンター管理運営規則(昭和51年湯沢市教育委員会規則第1号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成17年12月21日教委規則第57号)

この規則は、湯沢市コミュニティセンター条例の一部を改正する条例(平成17年湯沢市条例第259号)の施行の日から施行する。

附 則(平成24年6月27日教委規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の湯沢市コミュニティセンター管理運営規則様式第1号及び様式第2号による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成30年12月21日教委規則第4号)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、改正前の規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

湯沢市コミュニティセンター管理運営規則

平成17年3月22日 教育委員会規則第23号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年3月22日 教育委員会規則第23号
平成17年12月21日 教育委員会規則第57号
平成24年6月27日 教育委員会規則第6号
平成30年12月21日 教育委員会規則第4号