○湯沢市立図書館条例

平成17年3月22日

条例第86号

(設置)

第1条 図書館法(昭和25年法律第118号。以下「法」という。)第10条の規定に基づき、一般公衆の教育文化に寄与することを目的として、湯沢市立図書館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 湯沢市立図書館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

湯沢市立湯沢図書館

湯沢市字内舘町27番地

湯沢市立雄勝図書館

湯沢市横掘字白銀町49番地1

(分館等)

第3条 湯沢市立図書館(以下「市立図書館」という。)に必要あるときは、分館、閲覧所及び配本所などを置くことができる。

(管理及び経費)

第4条 市立図書館は、湯沢市教育委員会(以下「教育委員会」という。)において管理し、その経費は市費をもって充てる。ただし、特別の事業を行う場合は、寄附金その他の収入をもって独立会計を設けることができる。

2 独立会計は、市の監督のもとに教育委員会がこれを管理運営する。

(図書館奉仕)

第5条 市立図書館は、第1条の目的を達成するため、次の事項を実施する。

(1) 図書館資料を収集し、整理し、又は保存し、一般公衆の利用に供すること。

(2) 他の図書館、学校図書館及び公民館と緊密な連絡を図り、かつ、協力し、資料の相互貸借を行うこと。

(3) 巡回文庫及び貸し出しに関すること。

(4) 読書会、研究会、鑑賞会、資料展示会等の主催及び奨励を行うこと。

(5) 参考資料の発行及び頒布に関すること。

(6) 時事に関する情報参考資料の紹介及び提供に関すること。

(7) その他必要な事項

(職員)

第6条 市立図書館に次の職員を置くことができる。

(1) 館長 1人

(2) 司書 若干名

(3) 司書補 若干名

(4) 事務職員、技術職員及びその他の職員 若干名

2 分館に必要な職員を置くことができる。

(図書館協議会)

第7条 法第14条第1項の規定により、湯沢市立図書館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会の委員は、次に掲げる者のうちから、教育委員会が任命する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(3) 学識経験のある者

3 協議会の委員の定数は、10人以内とする。

4 協議会の委員の任期は、2年とする。ただし、補欠による委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成25年3月21日条例第11号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

湯沢市立図書館条例

平成17年3月22日 条例第86号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年3月22日 条例第86号
平成25年3月21日 条例第11号