○湯沢市院内銀山異人館管理運営規則

平成17年3月22日

教育委員会規則第31号

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市院内銀山異人館条例(平成17年湯沢市条例第88号。以下「条例」という。)第13条の規定に基づき、湯沢市院内銀山異人館(以下「異人館」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用時間)

第2条 異人館の利用時間は、午前9時から午後4時30分までとする。ただし、湯沢市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(休館日)

第3条 異人館の休館日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 毎週月曜日

(2) 12月29日から翌年1月3日までの日

2 前項に定めるもののほか、教育委員会が特に必要と認めたときは、休館することができる。

(使用の手続)

第4条 PRルーム及び手づくり工房を使用しようとするものは、使用する3日前までに、院内銀山異人館(PRルーム・手づくり工房)使用許可申請書(様式第1号)を教育委員会に提出し、許可を得なければならない。

第5条 教育委員会は、使用を許可したときは、院内銀山異人館(PRルーム・手づくり工房)使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(使用料の減免)

第6条 条例第10条の規定により使用料を減額し、又は免除することができる場合は、次に掲げるとおりとする。

(1) 市内の宿泊施設に宿泊した者が使用する場合 50円減額

(2) 市長が特別の理由があると認めた場合 減額又は免除

2 前項第1号の減額を受けようとする者は、宿泊施設の証明を受けた上で、院内銀山異人館使用料割引券(様式第3号)を提出しなければならない。

(行為の禁止等)

第7条 使用者は、異人館内において管理者の許可なく物品の販売行為、飲酒等の行為をしてはならない。

(利用者の把握)

第8条 教育委員会は、使用の増減及び推移を毎月明確に把握しなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、異人館の管理運営に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の雄勝町院内銀山異人館管理運営規則(平成元年雄勝町規則第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年10月10日教委規則第16号)

この規則は、平成18年11月1日から施行する。

画像

画像

画像

湯沢市院内銀山異人館管理運営規則

平成17年3月22日 教育委員会規則第31号

(平成18年11月1日施行)