○湯沢市ヘルシーパーク管理運営規則

平成17年3月22日

教育委員会規則第47号

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市ヘルシーパーク条例(平成17年湯沢市条例第100号。以下「条例」という。)第19条の規定に基づき、湯沢市ヘルシーパーク(以下「ヘルシーパーク」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用許可の申請等)

第2条 ヘルシーパークの施設の全部又は一部を占用しようとする者は、あらかじめヘルシーパーク使用許可申請書(様式第1号)を湯沢市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出し、許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、前項の規定に基づく申請を適当と認めた場合は、ヘルシーパーク使用許可書(様式第2号)により許可するものとする。

3 前項の規定にかかわらず、個人がパークゴルフ場を使用する場合は、パークゴルフ場入場券(様式第3号)の交付を受けることにより、使用許可を受けたものとする。

(使用料の減免)

第3条 条例第12条の規定により使用料を減額し、又は免除することができる場合は、次に掲げるとおりとする。

(1) 国、県又は市が主催する事業に使用する場合 免除

(2) 日本体育協会、秋田県体育協会、湯沢市体育協会、湯沢市芸術文化協会、高等学校体育連盟、中学校体育連盟又は湯沢雄勝小学生スポーツ交流実行委員会が主催する事業に使用する場合 免除

(3) 市内の総合型地域スポーツクラブ又は社会体育振興会が主催する事業に使用する場合 減額又は免除

(4) 障害者が使用する場合 免除

(5) 市内の小学校又は中学校が教育活動又は学校行事に使用する場合 減額又は免除

(6) 市内の幼稚園又は保育園が園行事に使用する場合 免除

(7) 市の後援を受けた団体が県南規模以上の大会に使用する場合 減額

(8) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めた場合 減額又は免除

(指定管理者による管理)

第4条 条例第13条第1項の規定によりヘルシーパークの管理を指定管理者に行わせる場合は、第2条第1項の規定中「湯沢市教育委員会(以下「教育委員会」という。)」とあるのは「指定管理者」と読み替え、第2条第2項の規定中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と読み替え、様式第1号及び様式第2号中「湯沢市教育委員会」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

2 条例第13条第1項の規定によりヘルシーパークの管理を指定管理者に行わせる場合において、当該指定管理者がヘルシーパークの管理を行うこととされた期間前にされた第2条第1項(前項の規定により読み替えて適用される場合を含む。)の規定による許可の申請は、当該指定管理者にされた許可の申請とみなす。

3 条例第13条第1項の規定によりヘルシーパークの管理を指定管理者に行わせる場合において、当該指定管理者がヘルシーパークの管理を行うこととされた期間前に第2条第2項(第1項の規定により読み替えて適用される場合を含む。)の規定による許可を受けている者は、当該指定管理者の使用の許可を受けた者とみなす。

(使用者の義務)

第5条 使用者がその使用を終えたとき、又は使用を停止させられたときは、直ちにその使用場所を原状に回復して返還しなければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、指定管理者が行うヘルシーパークの管理に関し必要な事項は、指定管理者が教育委員会の承認を受けて別に定める。ただし、軽微な事項として教育委員会が認めるものについては、教育委員会の承認を要しない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の湯沢市ヘルシーパーク管理運営規則(平成6年湯沢市教育委員会規則第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年6月26日教委規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年12月26日教委規則第21号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 改正後の第6条の規定による湯沢市ヘルシーパークの管理に関し必要な事項の承認に関する手続は、この規則の施行前においても行うことができる。

画像

画像

画像

湯沢市ヘルシーパーク管理運営規則

平成17年3月22日 教育委員会規則第47号

(平成20年4月1日施行)