○湯沢市介護保険条例施行規則

平成17年3月22日

規則第92号

(目的)

第1条 この規則は、湯沢市介護保険条例(平成17年湯沢市条例第133号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(保険料の徴収猶予)

第2条 条例第13条第2項の規定により保険料の徴収猶予を受けようとする者は、介護保険保険料徴収猶予申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書が提出されたときは、速やかに実態調査を行い承認の可否を決定し、その結果を介護保険保険料徴収猶予承認(不承認)決定通知書(様式第2号)により、申請者に通知するものとする。

(保険料の減免)

第3条 条例第14条第2項の規定により保険料の減免を受けようとする者は、介護保険保険料減免申請書(様式第3号)、収入状況等申告書(様式第4号)及び同意書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。ただし、申請月の前3箇月以内に市税の税目のいずれかについて減免申請している場合は、その減免申請に添付した収入状況等申告書の記載内容に変更がない場合に限り、この写しをもって当該収入状況等申告書に代えることができる。

2 市長は、前項の申請書が提出されたときは、速やかに実態調査を行い承認の可否を決定し、その結果を介護保険保険料減免承認(不承認)決定通知書(様式第6号)により、申請者に通知するものとする。

3 保険料の減免を受けた者は、減免の理由が消滅したときには、直ちにその旨を介護保険保険料減免理由消滅届(様式第7号)により、市長に届け出なければならない。

(減免の程度)

第4条 条例第14条の減免の程度は次表のとおりとする。

(1) 条例第14条第1項第1号に該当する場合

前年の所得金額区分

減免割合

損害の程度が10分の5以上

損害の程度が10分の3以上10分の5未満

300万円以下

10分の10

10分の5

550万円以下

10分の6

10分の3

1,000万円以下

10分の2

10分の1

(2) 条例第14条第1項第2号第3号及び第4号に該当する場合

前年の所得金額区分

減免割合

所得が皆無

所得の減少割合が2分の1以上

300万円以下

10分の10

10分の6

550万円以下

10分の6

10分の2

1,000万円以下

10分の2

 

(3) 条例第14条第1項第5号に該当する場合

減免割合10分の9

(減免の判定基準及び審査の手順)

第5条 保険料の減免判定は、市税の減免の判定基準及び審査の手順の例により、承認又は不承認の決定をしなければならない。

(減免申請の却下)

第6条 市長は、次に該当する場合は申請を却下する。

(1) 申請書に添付する書類の提出がないとき。

(2) 実施調査に応じないとき。

(減免の取消し)

第7条 市長は、虚偽の申請をし、減免の適用を受けた者に対しては、減免を取り消すことができる。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の湯沢市介護保険条例施行規則(平成12年湯沢市規則第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(新型コロナウイルス感染症の影響により収入の減少が見込まれる第1号被保険者に係る保険料の減免に関する特例措置)

3 新型コロナウイルス感染症の影響により収入の減少が見込まれる第1号被保険者における令和元年度分及び令和2年度分の保険料であって、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限(特別徴収の場合にあっては、特別徴収対象年金給付の支払日。以下この項において同じ。)が定められている保険料(第1号被保険者の資格を取得した日から14日以内に介護保険法(平成9年法律第123号)第12条第1項の規定による届出が行われなかったため令和2年2月1日以降に納期限が定められている保険料であって、当該届出が第1号被保険者の資格を取得した日から14日以内に行われていた場合、同年2月1日前に納期限が定められるべきものを除く。)の減免については、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したこと等による介護保険の第1号保険料の減免に対する財政支援について(令和2年4月9日付け事務連絡厚生労働省老健局介護保険計画課通知)別紙の2の(1)に該当する者は、条例第14条第1項に規定する保険料の減免の要件を満たすものとし、同別紙の交付額の算定の基礎となる減免基準に準じ、減免することができる。

4 前項の場合における条例第14条第2項の規定の適用については、同条中「提出しなければならない」とあるのは、「提出しなければならない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、別に申請期限を定めることができる」とする。

附 則(平成20年3月31日規則第14号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月26日規則第16号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年7月1日規則第30号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月19日規則第11号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年1月22日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、平成28年1月1日から適用する。

附 則(平成28年3月29日規則第17号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、改正前のそれぞれの規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(令和元年12月9日規則第15号)

この規則は、令和2年1月1日から施行する。

附 則(令和2年6月30日規則第31号)

この規則は、公布の日から施行し、令和2年2月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像画像画像画像

画像

画像

画像

湯沢市介護保険条例施行規則

平成17年3月22日 規則第92号

(令和2年6月30日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 険/第2節 介護保険
沿革情報
平成17年3月22日 規則第92号
平成20年3月31日 規則第14号
平成22年3月26日 規則第16号
平成22年7月1日 規則第30号
平成24年3月19日 規則第11号
平成28年1月22日 規則第1号
平成28年3月29日 規則第17号
令和元年12月9日 規則第15号
令和2年6月30日 規則第31号