○湯沢市介護保険運営協議会規則

平成17年3月22日

規則第93号

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市介護保険条例(平成17年湯沢市条例第133号)第16条の規定に基づき、湯沢市介護保険運営協議会(以下「協議会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 協議会は、次に掲げる事項を審議し、意見を述べることができる。

(1) 介護保険事業計画の策定並びに進行管理及び評価に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、介護保険運営に係る市長の諮問事項に関すること。

(組織)

第3条 協議会の委員は、次に掲げるところにより、市長が委嘱する。

(1) 被保険者代表 4人(第1号被保険者2人及び第2号被保険者2人)

(2) 医療代表 4人

(3) 介護サービス事業者代表 4人

(4) 公益代表 3人

2 前項に掲げるものは、次に掲げるとおり選任する。

(1) 前項第1号に掲げるものは、市が行う介護保険の被保険者のうちから公募により選任する。

(2) 前項第2号に掲げるものは、湯沢市雄勝郡医師会、湯沢市雄勝郡歯科医師会、湯沢・雄勝薬剤師会及び秋田県看護協会のうちから推薦された者を選任する。

(3) 前項第3号に掲げるものは、介護保険施設及び居宅介護支援事業所の代表者又は職員のうちから選任する。

(4) 前項第4号に掲げるものは、民生委員、湯沢雄勝県南地区介護支援専門員協議会委員、地域包括支援センター職員等のうちから選任する。

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱の日から当該日の属する年度の翌々年度の末日までとする。ただし、欠員を生じた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任されることができる。

(会長及び副会長)

第5条 協議会に会長及び副会長1人を置き、会長は、委員の互選により定め、副会長は、会長の指名により定める。

2 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 会長は、協議会を招集し、会議の議長となる。

2 協議会の会長を選任する初めての協議会は、市長が招集する。

3 協議会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。

4 協議会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

5 会長は、協議会の会議録を事務局に作成させ、2人以上の委員とともにこれに署名しなければならない。

(職権)

第7条 会長は、職務遂行に関し必要と認めるときは、市長に対して参考資料の提出を求めることができる。

(事務局)

第8条 協議会の事務局は、福祉保健部長寿福祉課に置く。

2 会議録は、事務局がこれを保管しなければならない。

3 会議録を作成したときは、その写しを市長に送付しなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。

附 則

この規則は、平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成19年6月12日規則第56号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年6月30日規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月26日規則第16号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

湯沢市介護保険運営協議会規則

平成17年3月22日 規則第93号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 険/第2節 介護保険
沿革情報
平成17年3月22日 規則第93号
平成19年6月12日 規則第56号
平成20年6月30日 規則第23号
平成22年3月26日 規則第16号