○湯沢市立皆瀬診療所管理運営規則

平成17年3月22日

規則第96号

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市立皆瀬診療所設置条例(平成17年湯沢市条例第134号)第5条の規定に基づき、湯沢市立皆瀬診療所(以下「診療所」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 診療所に、次に掲げる職員を置く。

(1) 所長兼医師(以下「所長」という。)

(2) 事務長

(3) 事務員

(4) 看護師

(5) その他の職員

(職務)

第3条 所長は、市長の命を受けて、診療所の医師業務を行うとともに、診療所の管理運営について掌理する。

2 事務長は、上司の命を受けて、診療所の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 事務員は、上司の命を受けて、診療所の事務を行う。

4 看護師は、医師の命を受けて、診療所の看護業務を行う。

5 その他の職員は、上司の命を受けて、診療所の業務を行う。

(所長の専決事項)

第4条 所長の専決事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 事務長の有給休暇、時間外勤務手当等服務に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、簡易な事項に関すること。

(事務長の専決事項)

第5条 事務長の専決事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 診療所財産の管理に関すること。

(2) 診療報酬の請求に関すること。

(3) 公印の保管に関すること。

(4) 諸証明に関すること。

(5) 簡易な事項の復命に関すること。

(6) 文書の収受、発送及び保存に関すること。

(7) 簡易な事項の通知、申請、届出、照会、回答及び報告に関すること。

(8) 職員の1日以内の有給休暇の承認に関すること。

(9) 職員の管内出張及び1日以内の管外出張を命ずること。

(10) 職員の時間外勤務命令及び休日勤務命令に関すること。

(11) 臨時的任用職員の服務に関すること。

(収入金)

第6条 診療所において、その日に徴収された患者一部負担金、使用料、手数料等その他一切の収入金は、翌日までに納金するものとする。ただし、翌日が休診日の場合は、その翌日までに納金するものとする。

(診療日及び診療時間)

第7条 診療日は、湯沢市の休日を定める条例(平成17年湯沢市条例第2号)第1条第1項に規定する市の休日を除く、月曜日から水曜日まで及び金曜日とする。

2 診療時間は、午前8時30分から午後5時15分までとする。

3 急患その他やむを得ない事情の場合は、前2項の規定の限りでない。

(往診)

第8条 往診は、原則として午後とする。ただし、急患その他やむを得ない事情の場合は、この限りでない。

(診察券)

第9条 診察を受ける者に対して、診察券を交付する。

2 診察券を紛失したときは、再交付する。

(診察の順位)

第10条 診察の順位は、診察券の受付順による。ただし、急を要する患者に対しては、この限りでない。

(弁償)

第11条 診療所の設備又はその他の物件を破損した者は、これを弁償しなければならない。ただし、特別な事情があるときは、弁償の義務を免除し、又は弁償の額を減ずることができる。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、職員の服務及び事務処理については、湯沢市職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成17年湯沢市条例第39号)及び湯沢市行政組織規則(平成17年湯沢市規則第6号)に準ずるものとし、それ以外の事由が生じたときは、市長の決するところによる。

附 則

この規則は、平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成18年3月31日規則第16号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月27日規則第15号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(令和元年6月1日規則第6号)

この規則は、令和元年6月1日から施行する。

湯沢市立皆瀬診療所管理運営規則

平成17年3月22日 規則第96号

(令和元年6月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成17年3月22日 規則第96号
平成18年3月31日 規則第16号
平成21年3月27日 規則第15号
令和元年6月1日 規則第6号