○湯沢市立皆瀬診療所使用料及び手数料徴収条例

平成17年3月22日

条例第135号

(趣旨)

第1条 この条例は、湯沢市立皆瀬診療所の使用料及び手数料(以下「使用料等」という。)の徴収に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用料等の額)

第2条 使用料等の額は、次に掲げるとおりとする。

(1) 診療報酬の算定方法(平成20年厚生労働省告示第59号)に基づき算定した額

(2) 前号によらない使用料等については、前号の定めに準じて算定した額並びに別表第1及び別表第2に定めるところによる。

(使用料等の徴収)

第3条 使用料等は、市長の発行する納入通知書により指定の期限まで納付しなければならない。

(使用料等の減免)

第4条 市長は、災害、貧困その他特別の理由により使用料等を納付することが困難と認められる者に限り、使用料等を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の皆瀬村立皆瀬診療所使用料及び手数料徴収条例(昭和62年皆瀬村条例第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月23日条例第24号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の湯沢市立皆瀬診療所使用料及び手数料徴収条例の規定は、平成18年4月1日から適用する。

附 則(平成20年6月17日条例第24号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の湯沢市立皆瀬診療所使用料及び手数料徴収条例の規定は、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成26年2月28日条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以降に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日以降に納入するもの(ただし、施行日前に発行された納入通知書により納入するものを除く。)について適用し、施行日前に行った施設の使用等に係る使用料等並びに施行日以降に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日前に納入するもの及び施行日前に発行された納入通知書により納入するものについては、なお従前の例による。

附 則(令和元年6月24日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以降に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日以降に納入するもの(ただし、施行日前に発行された納入通知書により納入するものを除く。)について適用し、施行日前に行った施設の使用等に係る使用料等並びに施行日以降に行う施設の使用等に係る使用料等で施行日前に納入するもの及び施行日前に発行された納入通知書により納入するものについては、なお従前の例による。

別表第1(第2条関係) 使用料

1 薬剤容器 実費

2 自動車使用料 実費

別表第2(第2条関係) 手数料

(1) 普通診断書

ア 簡単なもの 1通につき 1,100円

イ 複雑なもの 1通につき 3,300円

(2) 死亡診断書

ア 法的なもの 1通につき 2,200円

イ それ以外 1通につき 3,300円

(3) 死体検案書

ア 法的なもの 1通につき 2,200円

イ それ以外 1通につき 3,300円

(4) 諸種年金診断書 1通につき 3,300円

(5) 身体障害者診断書 1通につき 1,100円

(6) 裁判用診断書 1通につき 5,500円

(7) 生命保険、簡易保険用診断書 1通につき 3,300円

(8) 自賠責保険請求診断書 1通につき 2,200円

(9) 自賠責保険診療報酬請求診断書 1通につき 2,200円

(10) 証明書 1通につき 1,100円

(11) 身体検査書 1通につき 1,100円

(12) その他

ア 簡単なもの 1通につき 1,100円

イ 複雑なもの 1通につき 3,300円

ウ 学校保健用(書類持参) 1通につき 550円

湯沢市立皆瀬診療所使用料及び手数料徴収条例

平成17年3月22日 条例第135号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成17年3月22日 条例第135号
平成19年3月23日 条例第24号
平成20年6月17日 条例第24号
平成26年2月28日 条例第1号
令和元年6月24日 条例第3号