○湯沢市立農村環境改善センター運営委員会規則

平成17年3月22日

規則第109号

(目的)

第1条 この規則は、湯沢市立農村環境改善センター条例(平成17年湯沢市条例第152号)に基づき、湯沢市立農村環境改善センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(職務)

第2条 運営委員会は、別表により設置することができる。

第3条 運営委員会は、次に掲げる事項について協議する。

(1) 湯沢市立農村環境改善センター(以下「環境改善センター」という。)の運営に関すること。

(2) 環境改善センターの利用計画に関すること。

(3) その他の事項

(組織)

第4条 運営委員会の委員は、次に掲げるもののうちから市長が委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 婦人団体

(3) 青年団体

(4) 老人団体

(5) 湯沢市

(6) 環境改善センター

(7) 湯沢市教育委員会

(会長及び副会長)

第5条 運営委員会に、会長及び副会長1人を置く。

2 会長及び副会長は、委員のうちから互選する。

3 会長は会務を総理し、会議の議長となる。

4 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときはその職務を代行する。

(会議)

第6条 運営委員会は、必要の都度市長が招集する。

2 運営委員会は、委員の半数以上の出席がなければ議事を開くことができない。

3 運営委員会の議事は出席者の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(事務)

第7条 運営委員会の事務は、環境改善センターにおいて処理する。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、運営委員会に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の湯沢市立農村環境改善センター運営委員会規則(昭和61年湯沢市規則第13号)及び稲川町農村環境改善センター管理運営規則(昭和62年稲川町規則第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第2条関係)

名称

設置する環境改善センター

湯沢市立湯沢農村環境改善センター運営委員会

湯沢市立湯沢農村環境改善センター

湯沢市立稲川農村環境改善センター運営委員会

湯沢市立稲川農村環境改善センター

湯沢市立農村環境改善センター運営委員会規則

平成17年3月22日 規則第109号

(平成17年3月22日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第1節
沿革情報
平成17年3月22日 規則第109号