○湯沢市林道管理規則

平成17年3月22日

規則第122号

(目的)

第1条 この規則は、本市林道の管理について必要な事項を定め、その効用の維持と交通の安全を図ることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この規則で「林道」とは、林産物搬出その他森林経営の用に供する道路及び付属施設で、湯沢市民有林林道台帳に登載されたものをいう。

(林道の種類)

第2条の2 林道の種類は、次に掲げるものとする。

(1) 自動車道

(2) 軽車道

(管理者)

第3条 林道は、市長(以下「管理者」という。)が管理する。

(林道の維持管理及び補修)

第4条 管理者は、林道を常時良好な状態に保つよう維持補修し、交通の安全に努めるものとする。

2 管理者は、林道の沿線に存する土地、木竹及び工作物等が林道の構造に損害を及ぼし、又は交通に危険を及ぼすおそれがあると認められる場合は、その損害又は危険を防止するに必要な措置を講ずるものとする。

(維持及び管理の特例)

第5条 管理者は、当該林道の使用が特定の地区若しくは受益者に限られると認められるときは、当該地区若しくは受益者と協議のうえ、その維持及び管理を行わせることができる。

(標識等の設置)

第6条 管理者は、林道の構造の保全又は交通の安全を図るため、必要な場所に道路標識、その他の標識類を設置するものとする。

(通行の禁止又は制限)

第7条 管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合は区間及び期間を定め、林道の通行を禁止することができる。この場合において、管理者は、利用者に周知させるために林道の起点その他必要な場所にその旨を掲示するものとする。

(1) 林道の破損、欠壊その他の理由により、交通が危険であると認められるとき。

(2) 林道に関する工事のためやむを得ないと認められるとき。

(3) ごみの不法投棄、資源の乱獲の防止等自然環境の保全上必要と認められるとき。

2 管理者は、林道の保全上必要と認められるときは、車両総重量の制限、徐行その他通行の方法について必要な制限措置を講ずることができる。

(占用等の許可)

第8条 林道を占用及び使用しようとする者は、あらかじめ管理者の許可を受けなければならない。ただし、次の各号に該当するときは、この限りでない。

(1) 非常災害のため占用及び使用するとき。

(2) 単に交通のため使用するとき。

(3) 前2号のほか、管理者が必要と認めたとき。

(占用許可等の申請)

第9条 前条の許可を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した林道占用(使用)申請書(様式第1号)を管理者に提出しなければならない。

(1) 占用(使用)の目的

(2) 占用(使用)の期間

(3) 占用(使用)の場所

(4) 設置しようとする工作物又は施設の構造

(5) 工事実施の方法

(6) 工事の期間

(7) 復旧の方法

(8) 連絡先及び連絡担当者

2 占用及び使用の許可を受けた者(以下「占用者等」という。)前項各号に掲げる事項を変更しようとする場合は、林道占用(使用)許可申請書(様式第1号)を管理者に提出しなければならない。

(占用及び使用の許可基準)

第10条 管理者は、前条の申請があった場合には、当該申請に係る占用及び使用がやむを得ないと認められるものに限り占用及び使用を許可するものとし、林道占用(使用)許可書(様式第2号)を交付する。

2 管理者は、前項の許可をする場合において、林道の管理上必要な条件を付することができる。

(占用の表示)

第11条 占用者は、前条第1項の許可を受けた期間、当該許可を受けた占用の場所の道路交通に及ぼす障害の防除及び維持修繕に努め、かつ、占用区域内の見易い箇所に次に掲げる事項を表示しなければならない。

(1) 許可年月日及び指令番号

(2) 占用の目的

(3) 占用の期間

(4) 占用の面積

(5) 占用者の住所氏名

2 前項の表示は、縦30センチ、横50センチ以上の占用の期間中風雨に耐えられる材質のものに直接記載しなければならない。

(権利の譲渡)

第12条 占用者等は占用及び使用の許可によって生じた権利を転貸又は譲渡することができない。ただし、管理者の許可を受けたときはこの限りでない。

(権利義務の承継)

第13条 占用者等が占用期間中死亡し、又は合併若しくはその他の事由により消滅した場合の権利義務は、相続人又は合併後同一目的をもって存続した者その他管理者が適当と認めた者に承継させることができる。

(許可の取消等)

第14条 次の各号のいずれかに該当する場合は許可を取消し、又はその条件を変更することができる。

(1) この規則に違反したとき。

(2) 林道に関する工事のためやむを得ない必要が生じたとき。

(3) 林道の構造又は交通に著しい支障が生じたとき。

(4) 林道の管理上の事由以外の事由により公益上やむを得ない必要が生じたとき。

(補償等)

第15条 前条の場合において、占用者等が損害を受けても市は補償の責を負わない。

(原状回復)

第16条 占用者等は、林道の占用及び使用期間が満了したとき又は林道の占用及び使用を中止したときは、林道を原状に回復しなければならない。ただし、原状に回復することが不適当と認められる場合においては、管理者はその措置について必要な指示をすることができる。

2 管理者は、占用及び使用することによって林道を損傷し、又は路面を著しく損傷した者には、補修を命ずることができる。

(工事施行命令等)

第17条 管理者は、他の工事又は他の行為により必要を生じた林道の保全工事又は維持補修を当該工事の執行者又は行為者に行わせることができる。

(損害賠償)

第18条 管理者は、林道の利用者が故意又は過失により林道を損傷したときは、その損害を賠償させることができる。

(災害に対する措置)

第19条 管理者は、林道が災害により被災したときは、速やかに必要な措置を講ずるものとする。

(罰則)

第20条 故意若しくは正当の事由がなくこの規則に基づく申請の義務を怠り、又は虚偽の申請をした者には50,000円以下の過料を科することができる。

(その他)

第21条 この規則に定めるほか、林道の管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の湯沢市林道管理規則(平成2年湯沢市規則第7号)、雄勝町林道管理規程(昭和62年雄勝町規程第1号)、皆瀬村林道管理規則(平成5年皆瀬村規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年3月24日規則第16号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

湯沢市林道管理規則

平成17年3月22日 規則第122号

(平成26年4月1日施行)