○湯沢市戸籍事務取扱要領

平成17年3月22日

訓令第16号

(目的)

第1条 この訓令は、市における市民生活部市民課(以下「市民課」という。)並びに稲川総合支所、雄勝総合支所及び皆瀬総合支所(以下「支所」という。)間相互の戸籍事務に関し必要な事項を定め、市民への迅速かつ適正な事務処理に資することを目的とする。

(戸籍簿等の保管)

第2条 磁気ディスクをもって調製された戸籍及び除かれた戸籍は、市民課で保管するものとする。

(帳簿等の保管及び廃棄)

第3条 戸籍事務取扱準則(平成17年秋田地方法務局訓令第3号)で定める帳簿類は、市民課で保管するものとする。

2 合併前の受付帳及び既に所管法務局から移管を受けた廃棄済戸籍届書類は、市民課及び支所(以下「所管課所」という。)で保管するものとする。

3 廃棄に係わる事務は、所管課所が行うものとする。

(送達簿の備付)

第4条 市民課と支所間における戸籍に関する届書及びその他の関係書類(以下「届書等」という。)の授受を明らかにするため、送達簿(別記様式)を備えるものとする。

2 前項の規定による送達簿の保存年限は、当該年度の翌年度1年間とし、正本を支所で、副本を市民課で保管するものとする。

(届書等の受理及び記載)

第5条 市民課での届書等は、これを受理し、記載するものとする。

2 支所での届書等は、適正な届書であることを市民課が認めた場合に受理するものとし、支所は、送達簿に記入後速やかに市民課に引き継ぎ、市民課においてこれを記載するものとする。

(届書等及び戸籍副本の整理)

第6条 届書等は市民課が、受付帳に記載した順序に整理し、届書等及び戸籍副本を管轄法務局へ送付するものとする。

(戸籍事件表の作成)

第7条 戸籍事件表は、市民課が作成し、管轄法務局へ報告するものとする。

(取扱支所名の表示)

第8条 支所が戸籍に関する届書(他の市町村からの送付分を除く。)を受け付けた場合は、当該届書の欄外上部に取扱支所名を表示するものとする。

(不受理申出及び取下げの処理)

第9条 市民課は、戸籍届不受理申出書等の審査を行い、受理の可否を決定するものとする。

2 受理決定後、市民課は、速やかに戸籍届不受理申出書受付帳に登載するとともに、磁気ディスクに登録するものとする。

3 取下げの場合についても、同様の処理を行うものとする。

(証明書の交付)

第10条 戸籍に関する証明は、交付請求を受けた所管課所が行う。ただし、火曜日及び木曜日の午後5時15分から午後7時までは、市民課において行う。

2 前項の規定にかかわらず、磁気ディスクによって調製された戸籍に関する全部事項証明書及び個人事項証明書の交付は、平日の午前8時30分から午後5時まで、多機能端末機(本市の電子計算機と電気通信回線で接続された民間事業者が設置する端末機で、利用者自らが必要な操作を行うことにより、証明書を自動的に発行する等の機能を有するものをいう。)により行うことができる。

(時間外の戸籍事務)

第11条 時間外における戸籍の届出の受領は、次の各号の区分に応じ、当該各号に定める時間帯に日直者又は宿直者が行うものとする。

(1) 市民課 平日の午前8時30分から午後5時15分までの時間帯以外の時間帯及び休日の午前0時から午後12時までの時間帯

(2) 支所 休日の午前8時30分から午後5時15分までの時間帯

2 休日の午前8時30分から午後5時15分までの時間帯において支所で届書を受領した場合は、速やかに市民課に連絡し、第5条第2項に規定する処理をするものとする。

3 前項の規定により連絡を受けた市民課の担当職員は、当該届書の受領に伴う証明書の発行禁止に必要な措置を講ずるものとする。

(届出済証明、埋火葬許可証等の作成及び交付)

第12条 出生届に係る母子健康手帳への届出済証明の作成並びに交付事務、死亡届及び死産届に係る埋火葬許可証の交付事務は、その届出のあった所管課所で行うものとし、死亡届及び死産届に係る埋火葬許可証については、磁気ディスク又は手書により作成するものとする。

2 時間外又は休日における死亡届及び死産届に係る埋火葬許可証並びに火葬場使用許可書については、その届出を受けた当直者が手書により作成し、交付するものとする。

(官公署への報告等)

第13条 次に掲げる事務は、市民課が、磁気ディスクにより作成し、報告するものとする。

(1) 相続税法(昭和25年法律第73号)第58条に規定する通知

(2) 人口動態調査令(昭和21年勅令第447号)第5条の規定による報告書の作成

(出生及び死亡の広報掲載)

第14条 出生届又は死亡届を受け付けた所管課所は、届出人に必ず広報掲載の可否を連絡票により確認するものとする。

2 前項の掲載は、市内に住所を有し、かつ、掲載を希望する場合に限り、行うものとする。

(身上照会、後見、破産、犯歴等の関係事務)

第15条 身上照会、後見、破産、犯歴等の関係事務については、市民課が行うものとする。

附 則

この訓令は、平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成17年11月1日訓令第88号)

この訓令は、平成17年11月1日から施行する。

附 則(平成18年4月1日訓令第22号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年8月10日訓令第11号)

この訓令は、平成21年8月10日から施行する。

附 則(平成22年3月26日訓令第16号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月19日訓令第4号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月12日訓令第5号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月5日訓令第3号)

この訓令は、平成31年3月28日から施行する。

画像

湯沢市戸籍事務取扱要領

平成17年3月22日 訓令第16号

(平成31年3月28日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節
沿革情報
平成17年3月22日 訓令第16号
平成17年11月1日 訓令第88号
平成18年4月1日 訓令第22号
平成21年8月10日 訓令第11号
平成22年3月26日 訓令第16号
平成24年3月19日 訓令第4号
平成27年3月12日 訓令第5号
平成31年3月5日 訓令第3号