○湯沢市表彰規則

平成17年4月26日

規則第166号

(趣旨)

第1条 この規則は、市長の行う表彰について必要な事項を定めるものとする。

(表彰の範囲)

第2条 表彰は、次の各号のいずれかに該当する個人又は団体について、市長が行う。

(1) 市政の進展に関し著しい功績のあったもの

(2) 教育、学芸、スポーツ、その他文化の発展に関し著しい功績のあったもの

(3) 産業経済の振興に関し著しい功績のあったもの

(4) 民生の安定に関し著しい功績のあったもの

(5) 保健衛生の向上に関し著しい功績のあったもの

(6) 発明、考案又は改良に関し著しい功績のあったもの

(7) 統計、納税又は貯蓄に関し著しい功績のあったもの

(8) 市民の模範となるべき善行をなし、明るい社会づくりに貢献したもの

(9) 前各号に掲げるもののほか、功績顕著で特に表彰することが適当と認められるもの

(表彰の時期)

第3条 表彰は、次に掲げる時期に行うものとする。

(1) 市の記念日

(2) 湯沢市功労者表彰式

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めたとき。

(表彰の決定)

第4条 市長は、被表彰者を決定するときは、あらかじめ次条に定める湯沢市表彰審査会(以下「審査会」という。)の意見を徴するものとする。ただし、個別の要綱等により、表彰基準及び意見を徴することについて規定している場合は、この限りでない。

(審査会)

第5条 被表彰者の決定に際し意見を徴するため、審査会を置く。

2 審査会は、会長、副会長及び委員をもって組織する。

3 審査会の会長は副市長を、副会長は総務部長を、委員は総務部長を除く各部長(部長同等職にある者を含む。)をもって充てる。

4 会長は、会務を掌理し、会議の議長となる。

5 副会長は、会長に事故があるとき又は欠けたとき、その職務を代理する。

6 審査会は、会長が招集する。

7 会長は、審査の結果について、市長に通知するものとする。

8 審査会の事務は、総務部総務課において処理する。

(表彰の方法)

第6条 表彰は、表彰状又は感謝状を授与して行うものとする。

2 表彰には、金品をあわせて授与することができる。

(表彰者名簿)

第7条 市長は、表彰を受けたものを表彰者名簿に登録し保存するものとする。

(追彰)

第8条 市長は、表彰を受けることが決定したものが表彰前に死亡したときは、その遺族に追彰することができる。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、表彰に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年4月26日から施行する。

附 則(平成18年3月29日規則第18号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月23日規則第28号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年9月4日規則第34号)

この規則は、平成21年10月1日から施行する。

附 則(平成22年3月26日規則第16号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月19日規則第11号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年1月16日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

湯沢市表彰規則

平成17年4月26日 規則第166号

(平成27年1月16日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
平成17年4月26日 規則第166号
平成18年3月29日 規則第18号
平成19年3月23日 規則第28号
平成21年9月4日 規則第34号
平成22年3月26日 規則第16号
平成26年3月19日 規則第11号
平成27年1月16日 規則第1号