○湯沢市議会事務局処務規程

平成17年3月25日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、湯沢市議会事務局設置条例(平成17年湯沢市条例第232号)第4条の規定に基づき、湯沢市議会事務局(以下「事務局」という。)の組織、事務分掌その他処務に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 事務局に議事総務班を置く。

(事務分掌)

第3条 議事総務班の事務分掌は、おおむね次のとおりとする。

(1) 本会議に関すること。

(2) 常任委員会、特別委員会、議会運営委員会及び協議会に関すること。

(3) 議案その他付議事件に関すること。

(4) 議事日程及び諸報告に関すること。

(5) 議会で行う選挙に関すること。

(6) 決議、意見書等に関すること。

(7) 請願書及び陳情書に関すること。

(8) 議決事項の処理に関すること。

(9) 公聴会に関すること。

(10) 会議録の作成及び保存並びに議会映像及び録音設備の管理に関すること。

(11) 傍聴人に関すること。

(12) 議会広報に関すること。

(13) 議員の身分及び議員共済に関すること。

(14) 議員報酬等に関すること。

(15) 職員の人事、服務、研修及び給与に関すること。

(16) 儀式及び諸行事に関すること。

(17) 議会関係各室の管理に関すること。

(18) 条例、規則等の制定改廃に関すること。

(19) 議長及び副議長の秘書に関すること。

(20) その他議会に関すること。

(職制)

第4条 湯沢市議会事務局設置条例第2条に定める書記については、事務局次長、班長、参事、主幹、主査、主任及び主事をもって充てる。

(職務)

第5条 事務局長は、議長の命を受け、その所掌事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 事務局次長は、上司の命を受け、特命事項又は臨時事務を掌理する。

3 班長は、上司の命を受け、班の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

4 参事は、上司の命を受け、高度な特定事務又は臨時事務を掌理する。

5 主幹は、上司の命を受け、特定事務又は臨時事務を掌理する。

6 主査は、上司の命を受け、特定事務又は専門事務を掌理する。

7 主任は、上司の命を受け、事務を分掌する。

8 主事は、上司の命を受け、事務をつかさどる。

(職務の代理)

第6条 事務局長に事故があるときは、事務局次長がその職務を代理する。

(専決事項)

第7条 事務局長は、次に掲げる事項を専決することができる。

(1) 職員の休暇に関すること。

(2) 職員の2日以内の出張命令に関すること。

(3) 職員の時間外勤務に関すること。

(4) 軽易な報告、照会、回答及び通知に関すること。

2 前項の規定により専決できる事務であっても重要又は異例と認められるものについては、議長の決裁を受けなければならない。

(事務局長の事務の代決)

第8条 事務局長が不在のときは、事務局次長がその事務を代決することができる。ただし、支出命令については、この限りでない。

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか、事務局の処務に関し必要な事項は、市長事務部局の例による。

附 則

この訓令は、平成17年3月25日から施行する。

附 則(平成18年3月31日議会訓令第1号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年10月15日議会訓令第1号)

この訓令は、平成21年10月15日から施行する。

附 則(平成22年3月24日議会訓令第1号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年9月1日議会訓令第1号)

この訓令は、平成25年1月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日議会訓令第3号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月13日議会訓令第1号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月14日議会訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

湯沢市議会事務局処務規程

平成17年3月25日 議会訓令第1号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
平成17年3月25日 議会訓令第1号
平成18年3月31日 議会訓令第1号
平成21年10月15日 議会訓令第1号
平成22年3月24日 議会訓令第1号
平成24年9月1日 議会訓令第1号
平成25年3月25日 議会訓令第3号
平成27年3月13日 議会訓令第1号
平成28年3月14日 議会訓令第1号