○湯沢市監査委員事務局処務規程

平成17年7月1日

監査委員訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、湯沢市監査委員条例(平成17年湯沢市条例第31号)第7条の規定に基づき、湯沢市監査委員事務局(以下「事務局」という。)の処務に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 事務局に事務局長のほか、書記として必要に応じ、参事、主幹、主査、主任及び主事を置くことができる。

2 前項の職員定数は、湯沢市職員定数条例(平成17年湯沢市条例第33号)の定めるところによる。

(事務局長)

第3条 事務局長は、監査委員の命を受けて事務を掌理し、職員を指揮監督する。

2 書記は、上司の命を受け、事務を掌る。

(所掌事務)

第4条 事務局の所掌事務は、おおむね次に掲げるとおりとする。

(1) 公印の保管に関すること。

(2) 職員の身分及び給与に関すること。

(3) 文書の処理、編さん、保存及び書類の整理保管に関すること。

(4) 物品の保管に関すること。

(5) 一般会計、特別会計及び企業会計の財務に関する事務の執行及び事業の経営管理の監査、現金出納検査並びに決算の審査に関すること。

(6) 前号に係る監査結果の報告等に関すること。

(専決事項)

第5条 次に掲げる事項については、事務局長において専決することができる。

(1) 所定又は定例な事務に関すること。

(2) 職員の有給休暇の承認

(3) 職員の2日以内の旅行命令に関すること。

(4) 職員の時間外勤務及び休日勤務を命ずること。

(5) 職員の事務の引継ぎ及び軽易な事項の復命を受理すること。

(公印の種類等)

第6条 監査委員、代表監査委員、監査委員事務局及び事務局長の公印は、次のとおりとし、書体はてん書とする。

画像

2 公印の保管は、事務局長が行う。

3 事務局長は、公印を新調、改刻又は廃止するときは、代表監査委員の決裁を受けなければならない。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、事務局の処務に関し必要な事項は、湯沢市の例による。

附 則

この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日監査委訓令第1号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年9月21日監査委訓令第3号)

この訓令は、平成18年9月21日から施行する。

附 則(平成20年8月1日監査委訓令第1号)

この訓令は、平成20年8月1日から施行する。

湯沢市監査委員事務局処務規程

平成17年7月1日 監査委員訓令第2号

(平成20年8月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第4章 監査委員
沿革情報
平成17年7月1日 監査委員訓令第2号
平成18年3月31日 監査委員訓令第1号
平成18年9月21日 監査委員訓令第3号
平成20年8月1日 監査委員訓令第1号