○湯沢市文化会館事務分掌規程

平成18年6月26日

教育委員会訓令第3号

湯沢文化会館事務分掌規程(平成17年湯沢市教育委員会訓令第10号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この訓令は、湯沢市湯沢文化会館及び湯沢市雄勝文化会館(以下「文化会館」という。)の事務分掌に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 文化会館に館長、副館長及び事務職員を置くことができる。

2 館長は、館務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 副館長は、館長を補佐し、館長に事故があるとき、又は館長が欠けたときは、その職務を代理する。

4 事務分掌は、次に掲げるとおりとする。

(1) 効率的な管理運営の企画に関すること。

(2) 芸術文化事業の企画啓発及び実施に関すること。

(3) 公印、備品等の保守管理に関すること。

(4) 経理に関すること。

(5) 施設の管理及び保全に関すること。

(6) 防災に関すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、文化会館の事務事業に関すること。

附 則

この訓令は、平成18年7月1日から施行する。

湯沢市文化会館事務分掌規程

平成18年6月26日 教育委員会訓令第3号

(平成18年7月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成18年6月26日 教育委員会訓令第3号