○湯沢市温泉条例施行規則

平成19年3月23日

規則第35号

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市温泉条例(平成19年湯沢市条例第12号。以下「条例」という。)第20条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(用語)

第2条 この規則において使用する用語は、条例において使用する用語の例による。

(供給を行う温泉井)

第3条 条例第2条第2号の規則で定める温泉井は、別表の左欄に掲げるものとし、条例第4条第1項の規則で定める供給対象施設は、同表の右欄に掲げるとおりとする。

(供給の許可)

第4条 温泉の供給を受けようとする者は、温泉供給許可申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 使用施設の平面図及び仕様書

(2) 使用施設及びその土地を使用できる旨を証する書類

(3) 法人にあっては、登記事項証明書

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

2 供給量を変更して温泉の供給を受けようとする者は、温泉供給量変更許可申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前2項の規定による申請について温泉の供給又は供給量の変更を許可したときは、温泉供給(供給量変更)許可書(様式第3号)を交付するものとする。

(届出)

第5条 条例第10条の規定による届出の様式は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 受給装置使用開始(再開)(様式第4号)

(2) 温泉使用用途変更届(様式第5号)

(3) 受給装置変更(増設・撤去)(様式第6号)

(4) 温泉受給中止(廃止)(様式第7号)

(5) 温泉受給場所変更届(様式第8号)

(6) 相続等による名義変更届(様式第9号)

(証票)

第6条 条例第11条第2項の規定による証票は、温泉調査員証(様式第10号)によるものとする。

(権利金又は使用料の減免)

第7条 条例第14条の規定による権利金の減免又は条例第18条の規定による使用料の減免を受けようとする者は、権利金(使用料)減免申請書(様式第11号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請について権利金又は使用料の減免を適当と認めたときは、権利金(使用料)減免決定通知書(様式第12号)を交付するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(皆瀬村地熱熱水利用に関する規則の廃止)

2 皆瀬村地熱熱水利用に関する規則(昭和62年皆瀬村規則第10号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この規則の施行の日の前日までに、この規則による廃止前の皆瀬村地熱熱水利用に関する規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成31年3月1日規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

温泉井の名称

所在地

供給対象施設

皆瀬1号井

湯沢市皆瀬字湯元121番地1

旅館その他の宿泊施設、公衆浴場、その他公共施設

皆瀬2号井

湯沢市皆瀬字湯元121番地1

旅館その他の宿泊施設、公衆浴場、その他公共施設

皆瀬新3号井

湯沢市皆瀬字小湯ノ上79番地2

旅館その他の宿泊施設、公衆浴場、その他公共施設

皆瀬4号井

湯沢市皆瀬字小湯ノ上80番地2

旅館その他の宿泊施設、公衆浴場、その他公共施設

皆瀬5号井

湯沢市皆瀬字小湯ノ上19番地

旅館その他の宿泊施設、公衆浴場、その他公共施設

皆瀬T2号井

湯沢市皆瀬字小安奥山国有林

公衆浴場、その他公共施設

皆瀬T7号井

湯沢市皆瀬字鳥谷10番地3

公衆浴場、その他公共施設

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

湯沢市温泉条例施行規則

平成19年3月23日 規則第35号

(平成31年3月1日施行)