○湯沢市医師研修資金貸与条例施行規則

平成21年3月19日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市医師研修資金貸与条例(令和2年湯沢市条例第1号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸与の申請)

第2条 条例第5条第1項に規定する研修資金の貸与を受けようとする者は、医師研修資金貸与申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長に申請しなければならない。

(1) 医師免許証の写し

(2) 臨床研修を受けていること又は市内の公的医療機関で医師として勤務していることを証する書面

(3) 本人及び連帯保証人の住民票

2 条例第5条第1項の規定により定めるべき連帯保証人は、県内に在住する満20歳以上の者とする。

(貸与の決定)

第3条 市長は、前条第1項の規定による申請を受けたときは、その内容を審査し、貸与の可否について医師研修資金貸与決定(却下)通知書(様式第2号)により、当該申請をした者に通知するものとする。

(貸与の方法)

第4条 市長は、研修資金の貸与決定の通知を受けた者(以下「貸与決定者」という。)と医師研修資金貸与契約書(様式第3号)を交わした後1箇月以内に研修資金を一括して本人に貸与するものとする。

(貸与契約の解除等)

第5条 条例第6条第3号の規定により研修資金の貸与を辞退しようとするときは、医師研修資金貸与辞退届出書(様式第4号)により、市長に届け出なければならない。

2 市長は、条例第6条の規定により貸与契約を解除したときは、医師研修資金貸与契約解除通知書(様式第5号)により、当該申請をした者に通知するものとする。

(返還期限)

第6条 条例第7条の市長が別に定める日は、同条各号に該当することとなった日から起算して2年を経過する日とする。

(返還の猶予の申請)

第7条 条例第8条の規定による返還債務の履行の猶予を受けようとする者は、医師研修資金返還猶予申請書(様式第6号)に申請事由を証する書類を添えて、市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請を受けたときは、その内容を審査し、猶予の可否について医師研修資金返還猶予決定(却下)通知書(様式第7号)により、当該申請をした者に通知するものとする。

(返還の免除の申請)

第8条 条例第9条の規定により返還債務の免除を受けようとする者は、医師研修資金返還免除申請書(様式第8号)にその事実を証する書類を添えて、市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請を受けたときは、その内容を審査し、免除の可否について医師研修資金返還免除決定(却下)通知書(様式第9号)により、当該申請をした者に通知するものとする。

(異動の届出)

第9条 貸与決定者は、次の各号のいずれかに該当したときは、速やかに、医師研修資金異動届出書(様式第10号)にその事実を証する書類を添えて、その旨を市長に届け出なければならない。

(1) 氏名又は住所を変更したとき。

(2) 臨床研修を受けなくなったとき。

(3) 市内の公的医療機関で医師として勤務しなくなったとき。

(4) 連帯保証人の氏名、住所若しくは職業に変更があったとき又は連帯保証人が死亡し、若しくは連帯保証人に連帯保証人として適当でない事由が生じたとき。

2 連帯保証人は、貸与決定者が死亡したときは、速やかに、その旨を市長に届け出なければならない。

(その他)

第10条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年3月31日規則第14号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

湯沢市医師研修資金貸与条例施行規則

平成21年3月19日 規則第8号

(令和2年4月1日施行)