○湯沢市稲庭城管理運営規則

平成22年12月20日

規則第47号

湯沢市稲庭城設置条例施行規則(平成17年湯沢市規則第134号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市稲庭城条例(平成17年湯沢市条例第189号。以下「条例」という。)第17条の規定に基づき、湯沢市稲庭城(以下「稲庭城」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用の許可申請)

第2条 条例第6条第1項の規定により稲庭城を使用しようとする者(占用する場合に限る。)は、稲庭城使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出し許可を受けなければならない。

(使用の許可)

第3条 市長は、前条の規定による申請を受けたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、稲庭城使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(使用料の減免)

第4条 条例第11条の規定により、使用料を減額し、又は免除(以下「減免」という。)することができる場合及び減免後の使用料は、次の表に掲げるとおりとする。

使用区分

使用料

1 官公庁が公務のため使用するとき。

無料

2 市内学校が学習のため使用するとき。

無料

3 市長が公益上、特に必要があると認めたとき。

無料

4 上欄に規定するもの以外の者が、20人以上の団体で使用するとき。

一般

320円

小・中学生

150円

2 前項の規定により、使用料の減免を受けようとする者は、稲庭城使用料減免申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。ただし、前項の表4の項に該当するときは、この限りでない。

(指定管理者による管理)

第5条 条例第12条第1項の規定により稲庭城の管理を指定管理者に行わせる場合は、第2条及び第3条の規定中「市長」とあるのは「指定管理者」と、様式第1号及び様式第2号の規定中「湯沢市長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

2 条例第12条第1項の規定により稲庭城の管理を指定管理者に行わせる場合において、当該指定管理者が稲庭城の管理を行うこととされた期間前にされた第3条(前項の規定により読み替えて適用される場合を含む。)の規定による許可の申請は、当該指定管理者にされた許可の申請とみなす。

3 条例第12条第1項の規定により稲庭城の管理を指定管理者に行わせる場合において、当該指定管理者が稲庭城の管理を行うこととされた期間前に前条(第1項の規定により読み替えて適用される場合を含む。)の規定による許可を受けている者は、当該指定管理者の使用の許可を受けた者とみなす。

(遵守事項)

第6条 稲庭城を使用する者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けた目的以外に施設を使用しないこと。

(2) 許可又は承認を受けていない施設、設備若しくは物品を使用しないこと。

(3) 施設、設備、展示物若しくは物品を損傷し、又は汚損しないこと。

(4) 他の使用者に迷惑の及ぶ行為をしないこと。

(5) 前各号に定めるもののほか、管理上係員が行う指示に従うこと。

(原状回復)

第7条 使用者は、その使用を終わったときは速やかに当該施設等を原状に回復しなければならない。条例第8条の規定による使用許可の取消し又は使用の制限の処分を受けたときも、同様とする。

(き損等の届出)

第8条 稲庭城に入館する者は、稲庭城の施設、備品、展示物若しくはその附帯施設をき損し、又は滅失させたときは、直ちにその旨を市長に届け出なければならない。

第9条 この規則に定めるもののほか、指定管理者が行う稲庭城の管理に関し必要な事項は、指定管理者が市長の承認を受けて別に定める。ただし、軽微な事項として市長が認めるものについては、市長の承認を要しない。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年7月21日規則第33号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

湯沢市稲庭城管理運営規則

平成22年12月20日 規則第47号

(平成28年7月21日施行)