○湯沢市出前講座実施要綱

平成24年3月6日

告示第6号

(目的)

第1条 この告示は、市民が主催する学習会等に市職員が講師として出向き、市政に関する事項を分かりやすく説明すること(以下「出前講座」という。)により、市政に関する市民の理解を深めるとともに、生涯学習の推進を図ることを目的とする。

(内容)

第2条 出前講座の内容は、所管課が毎年度定め、出前講座登録書(様式第1号)により湯沢市生涯学習推進本部に登録するものとする。

(対象)

第3条 出前講座の対象は、市内に在住、在勤又は在学するおおむね10人以上の参加者が見込まれる団体の学習会等とする。

(開催時間等)

第4条 出前講座の開催時間は、午前10時から午後9時までの間の2時間以内とする。ただし、12月28日から翌年1月4日までの日を除くものとする。

2 出前講座の会場は、市内に限るものとし、出前講座を受講しようとする団体の代表者(以下「申請者」という。)が確保するものとする。

(申込み)

第5条 申請者は、原則として出前講座を受講しようとする日の21日前までに市長に対し、出前講座受講申請書(様式第2号)を提出しなければならない。

(通知)

第6条 市長は、前条の規定による申込みがあったときは、速やかにその内容を審査した上で可否を決定し、その旨を出前講座実施承認(不承認)決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

2 市長は、出前講座の実施を承認するときは、必要に応じて条件を付すことができる。

(実施決定の取消し)

第7条 市長は、前条の規定により出前講座の実施を決定した場合において、第1条の学習会等が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該出前講座の実施決定を取り消すことができる。

(1) 政治又は宗教に関わる活動を目的としたものであるとき。

(2) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(3) 営利を目的とした事業等を行うおそれがあるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が出前講座の実施が適当でないと認めるとき。

(費用負担等)

第8条 出前講座に係る講師の派遣料は、無料とする。

2 教材費、会場借上費その他出前講座の実施に係る費用については、申請者が負担しなければならない。

(庶務)

第9条 出前講座の庶務は、湯沢市教育委員会事務局教育部生涯学習課において処理する。

(その他)

第10条 この公告に定めるもののほか、出前講座の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月19日告示第29号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

湯沢市出前講座実施要綱

平成24年3月6日 告示第6号

(平成26年4月1日施行)