○湯沢市在宅介護支援センター事業実施要綱

平成24年3月14日

告示第13号

(趣旨)

第1条 この告示は、在宅の要援護高齢者若しくは要援護となるおそれのある高齢者又はその家族等に対し、在宅介護等に関する総合的な相談に応じ、在宅の要援護高齢者若しくは要援護となるおそれのある高齢者又はその家族等の介護等に関するニーズに対応した各種の保健、福祉サービス(介護保険を含む。)が総合的に受けられるように、関係行政機関、地域包括支援センター、福祉・保健サービス実施機関及び居宅介護支援事業所等との連絡調整等の便宜を供与し、もって、地域の要援護高齢者及び要援護となるおそれのある高齢者並びにその家族等の福祉の向上を図るため、湯沢市在宅介護支援センター事業(以下「事業」という。)を実施することに関し必要な事項を定めるものとする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は湯沢市とする。ただし、市内で老人介護支援センターを運営し、かつ、この事業を適正に実施できると認められる社会福祉法人(以下「法人等」という。)に委託することができる。

(活動拠点)

第3条 湯沢市在宅介護支援センター(以下「支援センター」という。)の活動拠点は、合併前の市町村の地域ごとに置くものとし、名称は、次に掲げるとおりとする。

(1) 湯沢地域 湯沢ゆうあい在宅介護支援センター

(2) 稲川地域 稲川在宅介護支援センター

(3) 雄勝地域 雄勝在宅介護支援センター

(4) 皆瀬地域 皆瀬在宅介護支援センター

(事業実施)

第4条 支援センターは、「老人(在宅)介護支援センターの運営について」(平成18年3月31日老発第0331003号厚生労働省老健局長通知。以下「通知」という。)に規定する事業を実施するものとする。

2 支援センターは、前項に定めるもののほか、市長が必要と認める業務を実施するものとする。

(職員)

第5条 支援センターには、通知に規定する職員を置く。

(利用対象者)

第6条 この事業の利用対象者は、おおむね65歳以上の要援護高齢者等及びその家族等とする。

(休業日及び利用時間)

第7条 支援センターの休業日及び利用時間は、次に掲げるとおりとする。

(1) 休業日

 日曜日及び土曜日

 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日

 12月29日から翌年1月3日までの日(に掲げる休日を除く。)

(2) 利用時間 午前8時30分から午後5時15分まで

2 法人等に事業の運営を委託する場合にあっては、法人等の規定によるものとする。

3 前2項の規定にかかわらず、緊急の相談等については、この限りでない。

(利用料)

第8条 この事業の利用料は、無料とする。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

湯沢市在宅介護支援センター事業実施要綱

平成24年3月14日 告示第13号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 険/第2節 介護保険
沿革情報
平成24年3月14日 告示第13号