○湯沢市郷土学習資料展示施設条例

平成25年12月13日

条例第42号

(設置)

第1条 埋蔵文化財、化石等に関する資料(以下「資料」という。)を収集し、保存し、及び展示して、郷土の歴史、文化、自然等の学びの場として広く一般に公開することによって、歴史文化資料の保存継承及び地域の文化振興に資するため、湯沢市郷土学習資料展示施設(以下「展示施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 展示施設の名称及び位置は、次に掲げるとおりとする。

(1) 名称 湯沢市郷土学習資料展示施設

(2) 位置 湯沢市高松字上地6番地2

(管理運営)

第3条 展示施設の管理運営は、湯沢市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行う。

(職員)

第4条 展示施設に必要な職員を置くことができる。

(使用の許可)

第5条 展示施設を使用しようとする者は、教育委員会の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、また同様とする。

2 前項の許可には、管理上必要な事項を付することができる。

(使用の制限)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、展示施設の使用を許可しない。

(1) 公益を害し、又は風紀を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 施設、設備又は資料(以下「施設等」という。)を毀損し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) 管理上支障があると認められるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、教育委員会が使用させることを不適当と認めるとき。

(使用許可の取消し等)

第7条 教育委員会は、第5条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、展示施設の使用許可を取り消し、又は使用を制限することができる。

(1) 使用許可条件に違反したとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、展示施設の運営及び管理上やむを得ない必要が生じたとき。

(使用料)

第8条 展示施設の使用料は、無料とする。

(損害賠償義務)

第9条 使用者は、施設等を毀損し、又は滅失させたときは、市長の指定する方法で弁償しなければならない。ただし、特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

湯沢市郷土学習資料展示施設条例

平成25年12月13日 条例第42号

(平成26年4月1日施行)