○湯沢市小町の郷公園条例施行規則

平成27年4月1日

規則第30号

(趣旨)

第1条 この規則は、湯沢市小町の郷公園条例(平成27年湯沢市条例第11号。以下「条例」という。)第17条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(許可申請者)

第2条 条例第4条第1項の規定による許可を受けようとする者は、行為の開始の日の5日前までに小町の郷公園使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 条例第7条第1項の規定による許可を受けようとする者は、行為の開始の日の5日前までに小町の郷公園占用許可申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

3 条例第4条第2項又は第7条第2項の規定により許可を受けた者が許可を受けた事項を変更しようとするときは、直ちに使用許可(占用許可)変更申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(許可書)

第3条 市長は、前条の規定による申請書の提出があった場合において、当該行為が公衆の公園利用に支障を及ぼさないと認めたときは、申請者に対してそれぞれ許可書(様式第4号様式第5号及び様式第6号)を交付する。

(使用料等の還付)

第4条 条例第10条ただし書の規定により使用料等の全部又は一部を還付する場合は、おおむね次の各号のいずれかに該当する場合とする。

(1) 市長が条例第4条第5項の規定により、使用の許可を取り消した場合

(2) 天災その他使用する者の責によらない理由により使用できなくなった場合

(3) 行為の開始の日5日前までに許可又は申込みの取消し又は変更を申し出た場合

(使用料等の減免)

第5条 条例第11条の規定により使用料等を減額し、又は免除することができる場合は、次に掲げるとおりとする。

(1) 市又は湯沢市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が主催する行事等で使用するとき。

(2) 市民が市又は教育委員会の後援を受けた行事等で使用するとき。

(3) 市民が営利目的以外で市民の福祉及び健康の増進並びに親睦を目的として使用するとき。

(4) 市長が公共の利益に供すると特に認めるとき。

(運営協議会)

第6条 市長は、観光交流人口の増加及び地域の活性化並びに憩いの場として住民福祉の増進を図り、公園の適正かつ効率的な運営を図るため、次に掲げる者を構成員とする小町の郷公園運営協議会(以下「協議会」という。)を設置するものとする。

(1) 雄勝観光協会の代表者

(2) ゆざわ小町商工会の代表者

(3) 湯沢市観光物産協会の代表者

(4) こまち農業協同組合の代表者

(5) 雄勝野づくり協議会の代表者

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める団体の代表者

2 協議会の運営について必要な事項は、市長が別に定めるものとする。

(指定管理者による管理)

第7条 条例第12条第1項の規定により公園の管理を指定管理者に行わせる場合は、第2条から前条までの規定中「市長」とあるのは「指定管理者」と、様式第1号様式第3号様式第4号及び様式第6号中「湯沢市長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。ただし、占用に係る申請及び許可についてはこの限りではない。

(使用料の計算方法)

第8条 使用料の計算方法は、次に掲げるとおりとする。

(1) 1箇月を単位として定められている場合は、1箇月未満の端数は1箇月とみなす。

(2) 1日を単位として定められている場合は、1日未満の端数は1日とみなす。

(3) 1平方メートルを単位として定められている場合は、1平方メートル未満の端数は1平方メートルとみなす。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

湯沢市小町の郷公園条例施行規則

平成27年4月1日 規則第30号

(平成27年4月1日施行)